« ホタル通信 No.375 | トップページ | [No.871-2]思い付かない選択肢 »

[No.871-1]思い付かない選択肢

No.871-1

登場人物
男性=牽引役  女性=相手
-----------------------------
「えっ!・・・そ、そうだね」

予期せぬ展開になってきた。

「じゃあ、社内便で送りますね」

大したことじゃない。
でも、まるで学生時代に戻ったかのようだった。

「2~3週間、借りてて大丈夫?」

最近、本らしい本を読んでいない。
そのため、読破するのに慎重になった。

「全然、大丈夫ですよ」

それに夜遅く帰宅してから本を読むのは至難の業だ。
格好の睡眠薬になるからだ。

「ありがとう」

彼女が最近読んだ本の話をしてきた。
その話に何となく付き合っていた。

「じゃぁ、楽しみに待ってる」

その割には、調子良く答えてしまった。
大袈裟だけど、罪の意識を感じずにはいられない。

(・・・とは言え、読むのは大変そうだな)

小説ではない、いわゆる実用書だ。
それも、全くの専門外だ。

「ふぅ~」

話がついた後、何とも表現しがたい感情が表に出た。

(No.871-2へ続く)

|

« ホタル通信 No.375 | トップページ | [No.871-2]思い付かない選択肢 »

(035)小説No.851~875」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: [No.871-1]思い付かない選択肢:

« ホタル通信 No.375 | トップページ | [No.871-2]思い付かない選択肢 »