« [No.870-1]宇宙人の話 | トップページ | ホタル通信 No.375 »

[No.870-2]宇宙人の話

No.870-2

「結構、覚えてるじゃん!」

その宇宙人から地球を守るのが私達の役目だった。

「そうそう!それに悪い宇宙人と言えば・・・」
「火星人?」

彼が驚いた顔をしている。

「良く知ってるね!?」
「逆に金星人なんかは良い宇宙人」

設定が、火星人だったのを覚えていたからだ。
それに当時の子供向けの科学雑誌もそんな感じだった。
侵略してくるのは、もっぱら火星人だった。

「あくまでもイメージだけどね」

ただ、このイメージが今でも根付いているのかもしれない。

「火星人にしてみれば、迷惑な話ね!」
「・・・だよな!」

もし、本当に居たら・・・の場合だが。

「ねぇ、もし、本当に宇宙人が侵略してきたら」
「あの時のように、私を守ってくれる?」

怯える私を、宇宙人から守ってくれた。

「・・・まぁ、もし、そうなったら・・・な」
「うん・・・」

宇宙人の話も、たまには悪くない。
S870
(No.870完)
読み
終えたら、クリックして頂けると、励みになります。
ブログランキングへ
 ブログランキングへ にほんブログ村 小説ブログ 短編小説へ web拍手 by FC2

|

« [No.870-1]宇宙人の話 | トップページ | ホタル通信 No.375 »

(035)小説No.851~875」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: [No.870-2]宇宙人の話:

« [No.870-1]宇宙人の話 | トップページ | ホタル通信 No.375 »