« [No.866-1]茜色の空 | トップページ | ホタル通信 No.373 »

[No.866-2]茜色の空

No.866-2

そもそも家を出るのが遅かったのが真の原因だ。
ある意味、電車は“隠れ蓑”になっている。

「本当は・・・」
「電車が遅れなくても・・・」

罪の意識を感じる、大袈裟だけど。

「・・・間に合わなかった?」
「うん・・・」

あえて言わなくても良かったのかもしれない。
丸く収まっていたのだから。

「バカ正直ね」

いずれにせよ、今日は遅れて来る運命にあったようだ。

「だから、ごめん!」
「そこまで言うなら、いちおう怒っておこうかな?」

そういうと、僕の頭をコツンと叩いた。

「はい、これで終わり!」
「じゃ、どこに食べに行こうか?」

彼女とディナーの約束をした。
でも、あえて予約をせず、成り行きに任せることにしていた。

「そうだな・・・」

何となく、魚介系が食べたい気分だ。

「偶然!私も、そう!」
「じゃ、あの店で決まりだね」

茜色の空には、絵にかいたようなうろこ雲が広がっていた。
S866
(No.866完)
読み終えたら、クリックして頂けると、励みになります。
ブログランキングへ
 ブログランキングへ にほんブログ村 小説ブログ 短編小説へ web拍手 by FC2

|

« [No.866-1]茜色の空 | トップページ | ホタル通信 No.373 »

(035)小説No.851~875」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: [No.866-2]茜色の空:

« [No.866-1]茜色の空 | トップページ | ホタル通信 No.373 »