« [No.865-1]彼との出会いも | トップページ | [No.866-1]茜色の空 »

[No.865-2]彼との出会いも

No.865-2

「で、ある時、偶然その曲の“先”を聞いちゃったんだ」

FM放送だったと思う。
店内に、その曲が流れ始めた。

「別に耳をふさぐ理由もないから」
「そりゃそうよね」

特に意識もせず、聞いていた。

「そしたら・・・」
「もしかして・・・いい曲だったとか!?」

私が言うまでもなく、友人が先に答えてくれた。

「そう!すごくいい曲で」

触手が向かなかったイントロさえ、そう感じるようになった。
そうなると、“いい曲感”が止められない。

「言わば、食わず嫌いだったみたい」
「でも、その時々の心境も影響するんじゃない?」

友人にしては珍しく良いことを言った気がする。

「そうね・・・それはあるかもしれない」

いずれにせよ、時々、こんな経験をする。

「私と彼の出会いもそんな感じだったなぁ!」
「・・・聞いてないし!!」
S865
(No.865完)
読み終えたら、クリックして頂けると、励みになります。
ブログランキングへ
 ブログランキングへ にほんブログ村 小説ブログ 短編小説へ web拍手 by FC2

|

« [No.865-1]彼との出会いも | トップページ | [No.866-1]茜色の空 »

(035)小説No.851~875」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: [No.865-2]彼との出会いも:

« [No.865-1]彼との出会いも | トップページ | [No.866-1]茜色の空 »