« [No.870-2]宇宙人の話 | トップページ | [No.871-1]思い付かない選択肢 »

ホタル通信 No.375

小説の舞台裏やエピソード、作者の想いを紹介します。

小説名:No.433 3つの願い事
実話度:★★☆☆☆(40%)
語り手:女性

うそのような本当の話です。今でも少し、神秘的な力を信じてい
ないわけではありません。

ただ、事実はこうです。一度に3つの願い事をしたのではなく、
毎年1つ願い事していました。毎年と言っても、具体的なお願い
をしたのは2年、つまり2回だけでした。
そして、その2回の願い事がほどなくして叶いました。ひとつ目が
「自転車が欲しい」、ふたつ目が「あの人と付き合いたい」でした。
これは小説の通りです。

願いが叶ったことは、もちろん単なる偶然です。冒頭、神秘的な
とは書きましたが、本気でそう思っているわけではありません。
ただ、どちらも自分の力だけで叶うものではなかっただけに、当
時は結構、信じていました。
実はこれに味をしめて、3回目の願い事をしようかと計画は立て
ていました。そう遠くない場所にあったので、その気になれば年
1回とは言わず、毎日通うことも可能です。でも、そこは信心深く
ない私でも“ずうずうしい”と感じていたので、年1回にかけること
にしました。

で、その3回目ですが、結局、そこを訪れることなく、私は実家を
離れました。3回目の願い事も女子には在りがちな内容ですが、
あえて隠しておきます。
T375

web拍手 by FC2

|

« [No.870-2]宇宙人の話 | トップページ | [No.871-1]思い付かない選択肢 »

(114)通信No.351~375」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ホタル通信 No.375:

« [No.870-2]宇宙人の話 | トップページ | [No.871-1]思い付かない選択肢 »