« [No.864-2]いつの頃からか | トップページ | [No.865-1]彼との出会いも »

ホタル通信 No.372

小説の舞台裏やエピソード、作者の想いを紹介します。

小説名:No.481 電話の向こうで
実話度:★★☆☆☆(40%)
語り手:男性

その昔、あるところに、ひとりの女性が勤務していました。
その人は無愛想で有名な方でして・・・。

仕事で事務所に立ち寄るまでは、彼女とは面識がなく、ごく
稀に電話する程度の関係でした。面識と言っても対面した
わけではなく、「彼女が例の人か・・・」と、腫物を触るかのご
とく遠くから見ていたのが実情です。
噂通りの無愛想な方で、事務的とはまた違う感じでした。悪
く言えば高圧的に感じるし、要件が上手く伝えられないと「で、
結局何が言いたいの?」と、逆ギレされそうな感じもあります。
経験と先入観から、ますます電話するのが苦手になり、そん
な心の内が、相手にも届いてしまう・・・という、まさに悪循環
の見本のような関係でした。

そんな時、彼女から思わぬ言葉が発せられました。当時は
深くは考えなかったのですが、今思えば、なぜ僕のことを知
ってたのか、不思議です。
事務所に立ち寄った時も、自己紹介したわけでもなく、「○月
○日に○○さんが来る」程度の情報しかなかったはずです。
確かに、見掛けない顔の人が居ればその人を僕と思うかもし
れません。でも、電話口では「もしかして来ましたよね?」で
はなく「来てたでしょ?」と言われています。

他の人に「あの人、誰?」と聞いている可能性が濃厚ですが
それでも、少しでも興味を持ってくれたことで彼女との距離が
少し縮まったような気がしました。
そんな彼女は、今、比較的近い距離で仕事をしています。
T372

web拍手 by FC2

|

« [No.864-2]いつの頃からか | トップページ | [No.865-1]彼との出会いも »

(114)通信No.351~375」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ホタル通信 No.372:

« [No.864-2]いつの頃からか | トップページ | [No.865-1]彼との出会いも »