« [No.860-2]二代目のネコ | トップページ | [No.861-1]褒められてる? »

ホタル通信 No.370

小説の舞台裏やエピソード、作者の想いを紹介します。

小説名:No.423 崩れた壁
実話度:★★★☆☆(60%)
語り手:女性

当初、この小説は作ったもののボツにしていました。理由は簡単
です。余りにも自己満足な小説だと感じたからです。

硬派を気取れば、「読者に妥協せず我が道を行く」となりますが、
それでも公開をためらってしまう小説も少なくありません。出来栄
えの問題ではなく、着眼点があまりにも自分目線過ぎるからです。
ただ、小説上の私には崩れかけた壁が物理的なものではなく、家
族の崩壊として見えていました。
先に書いておくと、小説上の私は作者ではありません。つまり、他
人の心境を想像して書いています。とは言え、創作ではなく、事実
がもとになっています。

その他人が誰なのか、あえて書く必要もありませんよね。冬のホタ
ルではお馴染みの“彼女”です。崩れかけた壁が、彼女の言動を励
起させ、小説に仕立てました。彼女の言動がなければ書いていなか
ったと思います。
こんな小説ですが、拍手を5つもいただいています。「5つくらいで偉
そうに言うなよ」と怒られそうですが、当ブログでは大満足の数なん
ですよ。少なくとも5人の方々に共感していただけたと思うと、公開し
て良かった小説のひとつです。

実は、つい最近も一度ボツにした作品を復活させました。そう遠くな
い時期に掲載されますので、お楽しみに。
T370

web拍手 by FC2

| |

« [No.860-2]二代目のネコ | トップページ | [No.861-1]褒められてる? »

(114)通信No.351~375」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ホタル通信 No.370:

« [No.860-2]二代目のネコ | トップページ | [No.861-1]褒められてる? »