« [No.862-2]私にも見える | トップページ | [No.863-1]今年の夏は »

ホタル通信 No.371

小説の舞台裏やエピソード、作者の想いを紹介します。

小説名:No.489 近くて遠い
実話度:★★★☆☆(60%)
語り手:女性

何だかスッキリしない小説ですね。肝心な部分を隠したまま話が
進んでいますから。

小説的な狙いから隠したのではなく、正直に書けなかったのが本
音です。それに、ホタル通信で書くことも少しためらっています。
人物設定は実際とは真逆で、彼と小説上の私は反対の立場にい
ます。つまり、色々な事実を語るのが、“私”であり、その聞き役が
“彼”というわけです。ちなみに作者はこのどちらかです。これ以降
この立場で話を進めて行きますね。

私には結婚を前提にした彼がいる。彼と言っても、純粋な彼ではな
く、悪意を持って書けばある意味、彼に“飼われている”存在でした。
不自由でもないが自由でもない。逃げ出そうと思えば、いつでも逃
げだせる。でも、私自身、行くあてもない・・・そんな世界で生きてい
ました。
早い話、生きることを半分あきらめていたのかもしれません。そんな
中、聞き役の彼と出会ったのです。

この小説は、二人の距離が近づけば近づくほど、何かが遠のいて行
くさまを描いたものです。私に結婚を前提にした彼が居ること、そし
てもうひとつ、十代で結婚して、離婚の経験があること、これを聞き
役の彼に告白しました。
冬のホタルの原点とも言えるような小説です。こんな経験があった
からこそ、ブログを始めたとも言えます。
T371

web拍手 by FC2

| |

« [No.862-2]私にも見える | トップページ | [No.863-1]今年の夏は »

(114)通信No.351~375」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ホタル通信 No.371:

« [No.862-2]私にも見える | トップページ | [No.863-1]今年の夏は »