« [No.856-2]売物件 | トップページ | [No.857-1]半々な気持ち »

ホタル通信 No.368

小説の舞台裏やエピソード、作者の想いを紹介します。

小説名:No.401 水なす
実話度:★☆☆☆☆(20%)
語り手:男性

1話から399話の紹介が全て終わり、いよいよ400話以降の紹介
となります。尚、せいじゅうろうシリーズは意図的にホタル通信で
は紹介していません。

さて、実話度は低めですが、主人公?である水なすの話は事実
です。後半の冒頭付近は、自分でも何を書いているのかよく分か
らない展開になっていますので、ご了承ください。
水なすの存在は知ってはいたのですが、食べたことは今まで一
度もありませんでした。

ある時、「水なすが美味しい」それも「考えが変わるほど」とある人
から聞かされ、それなら・・・と行動に移した話です。
内容が内容だけに、面白みに欠ける話に仕上がりそうな雰囲気が
あったので、多少コミカルさを狙いました。
話はそれますが、実際食べてみると、確かに考え方が変わるほど
美味しかったのは事実です。浅漬けにして食べると、みずみずしさ
が半端ではありません。
水なすと言うくらいですから、果汁ならぬ野菜汁とでも言えば良い
のでしょうか?ジューシーさは感動ものでした。

話を戻せば、そんなこんなな感動が小説のきっかけです。そこに
コミカルさを加えました。とは言え、ラストの出来栄えは、イマイチ
です。
T368

web拍手 by FC2

| |

« [No.856-2]売物件 | トップページ | [No.857-1]半々な気持ち »

(114)通信No.351~375」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ホタル通信 No.368:

« [No.856-2]売物件 | トップページ | [No.857-1]半々な気持ち »