« [No.854-2]根はいい子 | トップページ | [No.855-1]マメな私 »

ホタル通信 No.367

小説の舞台裏やエピソード、作者の想いを紹介します。

小説名:No.372 誘った夜
実話度:★★★★★(100%)
語り手:男性

この小説は「No.371 誘われた夜」の続編です。数ある続編の中
でも際立って関係性が深い話です。

結局、あの日は何もなく、そこから1週間経過した頃、少しソワソ
ワし始めました。小説の通り、今度は僕が彼女を誘うべきかどう
か迷っていたからです。
彼女が僕からの連絡を待っている可能性はゼロではありません
が、空振りに終わるとそれはそれでショックもあります。それでも
意を決して“誘った”のが今回の小説です。

正直に言えば、低俗な期待を持っていました。ただ、本当にそう
なってしまうと、それはそれで問題でした。実話度100%ですから
書いてある通りの内容です。幸か不幸か、結果的に彼女から誘
いを断られました。
夜遅くに、恋人でもない、ましてや友達でもない、同僚程度の男
を家に招き入れた真相は、今でも謎のままです。当時の心境を
彼女に聞くことはこれから先もないと思いますので、永遠の謎と
して心の中にしまっておきます。

最後に、ラストの3行はなかなかお気に入りのフレーズです。
小説っぽいと言う意味でも、僕の落胆ぶりを上手く表現したと言
う意味でも。
T367

web拍手 by FC2

| |

« [No.854-2]根はいい子 | トップページ | [No.855-1]マメな私 »

(114)通信No.351~375」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ホタル通信 No.367:

« [No.854-2]根はいい子 | トップページ | [No.855-1]マメな私 »