« [No.850-2]横を向いてばかりで | トップページ | [No.851-1]オクトーバーフェスト »

ホタル通信 No.365

小説の舞台裏やエピソード、作者の想いを紹介します。

小説名:No.345 行く手をさえぎる者
実話度:★★☆☆☆(40%)
語り手:女性

お馴染みのハトの話ですね。決して好きでもないし、好かれても
いませんが、憎めないやつらです。

人物設定はさておき、前半の出来事はほぼ事実です。ハトの群
れに行く手をさえぎられ、急ブレーキを掛けました。
時より「ポォポォ」と、独特な鳴き声を出しながら、何事もなかった
ように、目の前をウロウロする様に怒りよりも笑いをこらえる方が
大変でした。
冒頭、好かれてもいない・・・と書きましたが、もしかしたら好かれ
ているのかもしれません。人間には好かれませんが、動物には
好かれることが多い私です。

逆に後半は、100%創作です。
以前、ホタル通信で「作者は少なくとも学生ではない」とお伝えし
ています。今回の人物設定は女子高生ですから、完全な作り話
です。
なぜ、女子高生にしたのかは、正直覚えていませんが、イケメン
話を絡ませたかったのでしょうね、きっと。

最後に、ラストの一行ですが、意味は分かりますか?何のひねり
もない、読んだ通りの内容です。
右手に・・・なので、左肩にハトのフンが落ちていたことにしてみま
した。イケメンの妄想を一気に覚めさせる目的で。
T365

web拍手 by FC2

| |

« [No.850-2]横を向いてばかりで | トップページ | [No.851-1]オクトーバーフェスト »

(114)通信No.351~375」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ホタル通信 No.365:

« [No.850-2]横を向いてばかりで | トップページ | [No.851-1]オクトーバーフェスト »