« [No.844-2]なにもない | トップページ | [No.845-1]すずめの親子 »

ホタル通信 No.362

小説の舞台裏やエピソード、作者の想いを紹介します。

小説名:No.351 孤独のかげ
実話度:★★☆☆☆(40%)
語り手:男性

タイトルからして、何だかヘビーな感じが漂う小説です。でも、読
んでみると、そこまでヘビーな内容ではありません。

会話の内容は概ね事実です。高校を中退、そして一人暮らしを
始めた彼女。ただ、一人暮らしと言っても、正直に言えば、家を
飛び出しています。
小説では一人暮らしとなっていますが、実際は居候みたいな状
態でした。ですから、見た目上、一人暮らしではありません。
また、居候と言っても、悪く言えば、全くの他人の家に転がり込
んだようなものでした。

ですから、実際は一人暮らしではなく、見た目は同居ということ
になります。ただ、彼女にとっては心休まるな場所ではなく、生
きていくための苦渋の選択でもあったわけです。
彼女がそのような状態にあったので、あえてシチュエーションを
一人暮らしにしました。

冒頭、「そこまでヘビーではない」と書きましたが、事実が明らか
になると、少しヘビーさが増してきます。
でも、彼女の持ち前の明るさというか、暗い出来事でもサラっと話
してくれるところに、僕自身が助けられていました。ラスト付近は、
手前味噌ですが、大変好きな表現方法です。
T362

web拍手 by FC2

| |

« [No.844-2]なにもない | トップページ | [No.845-1]すずめの親子 »

(114)通信No.351~375」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ホタル通信 No.362:

« [No.844-2]なにもない | トップページ | [No.845-1]すずめの親子 »