« [No.842-2]真っ赤なス-パーカー | トップページ | [No.843-1]笑顔があふれる場所 »

ホタル通信 No.361

小説の舞台裏やエピソード、作者の想いを紹介します。

小説名:No.339 絆
実話度:☆☆☆☆☆(00%)
語り手:女性

う~ん、かなり説明調の小説ですね。何かを言うために、必死
に説明しているように感じます。

実話度はほぼゼロです。はっきりと覚えてはいませんが、話の
きっかけは、ラストの1行「人と人とのネットワーク」だったと思い
ます。
このフレーズをどこから入手したかは別にして、このフレーズか
ら、人と人との繋がり・・・その行き着く先として、“絆”という言葉
を主軸にしました。冒頭お話しした説明調の展開は、この“絆”を
言いたいがための伏線だっとも言えます。

また、世相も反映させたような話になっています。
当時はスマホではなくケータイであり、また、LINEではなくメール
の時代です。LINEのようにリアルタイムではなく、ややタイムラグ
がありながら友人と連絡を取り合っているさまを描いています。
この頃から見れば、良くも悪くもコミュニケーションの取り方は大
きく変わっています。

振り返ると、なんだかメールも味がありますね。
相手が読んでくれたのか、読んでいないのかが分かりません。
内容によっては、返信が来るまでのドキドキ感が半端ではありま
せん。
結局、返信が来ずに終わることもあります。でも、妙な達成感は
ありますよ。あれ?話の方向がズレてしまったかも(笑)
T361

web拍手 by FC2

| |

« [No.842-2]真っ赤なス-パーカー | トップページ | [No.843-1]笑顔があふれる場所 »

(114)通信No.351~375」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ホタル通信 No.361:

« [No.842-2]真っ赤なス-パーカー | トップページ | [No.843-1]笑顔があふれる場所 »