« [No.838-2]星が好き | トップページ | [No.839-1]永い話 »

ホタル通信 No.359

小説の舞台裏やエピソード、作者の想いを紹介します。

小説名:No.334 ばいばい
実話度:★★★☆☆(60%)
語り手:女性

シチュエーションはかなり違いますが、根底に流れる別の意味
を持たせた“バイバイ”については事実です。

当時、少しギクシャクした関係が続いていた中で、「どうにでも
なってしまえ!」という感情で、バイバイとメールを打ったことが
ありました。もちろん、文章自体はごく普通でした。
今思えば、焦っていたのか、小説の通り、イラだっていたのか
分かりませんが、とにかく文章の裏に隠されていた感情は一言
で言えば、かなり攻撃的なものでした。

ただ、メールを送った後、我に返り、慌てて別のメールを送った
のも小説の通り事実でした。
前述した通り、攻撃的なのは感情だけであり、文章自体はごく
普通だったので、それが相手に届くはずもありません。でも、不
思議なもので、それが彼に伝わってしまったのです。
冷静に考えれば、そのメールだけが原因ではないと思いますが
結果的に、それが引き金となってしまいました。

ある意味、駆け引きだったのかもしれませんね。多分、直接的
に真実を知ることが怖かった・・・そう、自分自身を分析します。
T359

web拍手 by FC2

| |

« [No.838-2]星が好き | トップページ | [No.839-1]永い話 »

(114)通信No.351~375」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ホタル通信 No.359:

« [No.838-2]星が好き | トップページ | [No.839-1]永い話 »