« [No.834-2]着替えるだけで | トップページ | [No.835-1]とんでもなく良いこと »

ホタル通信 No.357

小説の舞台裏やエピソード、作者の想いを紹介します。

小説名:No.329 左の靴紐
実話度:★☆☆☆☆(20%)
語り手:女性

事実と言えば事実なんですが、こんなことまで小説のネタにして
いることを考えれば、我ながら苦労しているんだ・・・と思います。

靴紐が解けてしまうこと、それに対して嫌な連想をしてしまうなど
薄めの事実が散りばめられています。
この小説を読み返して気付いたのですが、あからさまに、何かを
狙っています。それはラスト見て頂けると分かると思います・・・。
靴紐を“友情や絆”に見立てて、それが解けたり結ばれたりという
方向に持って行っています。
ありがちなストリーに加えて、内容もチープなため、少し恥ずかし
くなってきます。

本来なら、単に靴紐が解けただけで終わるのでしょうが、小説にも
書いた通り、何か良くないことが起きる予兆であると、考えていたこ
ともあって、この小説が生まれました。
実際、良くないことは起きなかったのですが、もしかしたら固く結び
直した効果が出たのかもしれませんね。

結局、この小説は当時の不安感をかなり遠まわしに表現したもの
です。その不安感の象徴が、靴紐だったわけです。
T357

web拍手 by FC2

| |

« [No.834-2]着替えるだけで | トップページ | [No.835-1]とんでもなく良いこと »

(114)通信No.351~375」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ホタル通信 No.357:

« [No.834-2]着替えるだけで | トップページ | [No.835-1]とんでもなく良いこと »