« [No.832-2]修繕の跡 | トップページ | [No.833-1]夜桜 »

ホタル通信 No.356

小説の舞台裏やエピソード、作者の想いを紹介します。

小説名:No.325 似てるけど似てない
実話度:★★☆☆☆(40%)
語り手:男性

小説上の女性が、“誰かに似ている”ことで生まれた小説は、他
にもいくつかあります。

小説のネタとして、比較的扱い易いということも理由のひとつです
が最大の理由は別のところにあります。
彼女が、多くの有名人に似ていればいるほど、テレビや雑誌など
で見掛ける機会も増え、それだけ彼女を思い出してしまう機会も
増えます。
顔が似れば声も似ることが多く、それをネタにした小説も発表して
いますが、ルーツをたどれば皆、同じ事実に行き着きます。想い
出に苦しめられているわけではありませんが、何となく呪縛から
逃れられない、そんな自分が居ます。

さて、小説では、似てる、似てないの話題は、僕から彼女に振った
ようになっていますが、実際は、彼女から振られました。
そもそも出会った時、「私、○○に似ている」と、いうところから関係
が始まったと言っても言い過ぎではありません。あらためて自分の
好みのタイプを自覚した瞬間でもありました。

後半は、ほぼ創作でこのような会話はありませんでした。ただ、頭
の中ではそう思っており、それを口にすることが出来ませんでした。
ホタル通信を書くこと自体が、ある意味“呪縛”かもしれませんね。
書くために小説を読み直し、思い出すのだから。
T356

web拍手 by FC2

| |

« [No.832-2]修繕の跡 | トップページ | [No.833-1]夜桜 »

(114)通信No.351~375」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ホタル通信 No.356:

« [No.832-2]修繕の跡 | トップページ | [No.833-1]夜桜 »