« [No.830-2]結ばれない二人 | トップページ | [No.831-1]胸に残る卒業式 »

ホタル通信 No.355

小説の舞台裏やエピソード、作者の想いを紹介します。

小説名:No.324 二度目の別れ
実話度:★★★☆☆(60%)
語り手:女性

話の流れやシチュエーションはほぼ事実ですが、人物設定は
やや違います。

実際は立場が逆で、女性が男性に別れを告げています。作者
がその女性なのか、男性なのかはお決まりの秘密です。
”冬のホタルの各小説には関連性がある”と、何度かご紹介した
通り、本小説もいくつかの小説とリンクしています。そのひとつが
No.25 受信フォルダ8」です。この小説とどうリンクしているか分
かりますか?
すでにホタル通信No.078でも紹介していますが、No.25は一度目
の別れの後、再び彼から連絡が入るという小説です。つまり“二
度目の別れ”のプロローグになります。

小説は時系列を無視して記事にしていますので、数年前の出来
事を掘り起こすことも少なくありません。正直に言えば、小説の
ネタに困らないように、ひとつの出来事を細分化しています。
ただ、超短編小説なので、そもそも多くの出来事を小説に盛り込
めません。そのため結果的に、ひとつの出来事が分割されること
になります。

今では書けない生々しい小説と言えます。小説の中は時間が止
まったままです。それが良いのか悪いのか・・・どうにも判断でき
ません。
T355

web拍手 by FC2

| |

« [No.830-2]結ばれない二人 | トップページ | [No.831-1]胸に残る卒業式 »

(114)通信No.351~375」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ホタル通信 No.355:

« [No.830-2]結ばれない二人 | トップページ | [No.831-1]胸に残る卒業式 »