« [No.828-2]陽射しはピンク色 | トップページ | [No.829-1]指なんか立てたりして »

ホタル通信 No.354

小説名:No.258 続・ハズレの景品
実話度:★☆☆☆☆(20%)
語り手:女性

一応、「No.234 ハズレの景品」の続編という位置付けで書きまし
た。ただ、引き継ぐ事実は“ポインセチア”しかありません。

冬のホタルでは、数々の小説が何らかの関連性を持っています。
ただ、これらを続編と位置付けずに、単品として扱うケースが殆ど
です。そんな中、あからさまな続編は非常に珍しいパターンです。
そもそもなぜ続編にしたのか・・・残念ながら全く記憶にありません。
多分、ポインセチアの印象がよほど強かったのでしょうね。確かに
今でも特別な花です。

本来なら続編ではなく単品で作っていたはずなんですが、比較的
最近の引越しの経験と妙にマッチングしたため、引越しの話を主軸
にしました。
冒頭、“引き継ぐ事実はポインセチア”と書いていますが、その肝心
のポインセチアは、ラストに一言だけしか登場させていません。
狙っていたわけではありませんが、気付けば、この一行だけに収ま
りました。手前味噌ですが、逆にそれが良かったと思っています。

やや、しんみりムードでラストを迎えますが、そのまま終わらないの
が冬のホタルです。映画やドラマで出てきそうなシーンで締め括りま
した。
S354

web拍手 by FC2

| |

« [No.828-2]陽射しはピンク色 | トップページ | [No.829-1]指なんか立てたりして »

(114)通信No.351~375」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ホタル通信 No.354:

« [No.828-2]陽射しはピンク色 | トップページ | [No.829-1]指なんか立てたりして »