« [No.824-2]恋の残骸 | トップページ | [No.825-1]ペパーミントグリーン »

ホタル通信 No.352

小説の舞台裏やエピソード、作者の想いを紹介します。

小説名:No.276 好きになってよかった
実話度:★☆☆☆☆(20%)
語り手:女性

歌詞をきっかけにした、当ブログでは、お馴染みのパターンです。
これと似た事実を経験したというエキスも多少入っています。

まずは、歌詞をご覧下さい。 「好きになって、よかった
小説に記載した通り、過去形です。とても深い意味が歌詞に込め
られている可能性もありますが、表面的には、よくある失恋ソング
と言えるでしょう。ただ、歌っている人の声質や雰囲気が加わると
一気に繊細さや、せつなさが伝わってきます。
ほぼ、創作ですから、話の展開は作られたものです。初期の作品
ということもあり、前回紹介した作品と同じようなギクシャク感が少
しあります。

前半は、歌詞を自己分析して、それが過去形の歌であると結論を
つけます。
とは言うものの、そもそもなぜ分析することになったのか?それに
ついては、自分でもハッキリとは分かっていません。冒頭に書いた
通り、過去の経験がよみがえってきたのか、単にドラマの影響なの
か、真相は闇の中です。

ラストは多少面白おかしく終われるように、軽いノリで作っています。
ただ、“好きになってよかった・・・今でもそう想っている”の一行は、
歌詞をあらためて解釈し直した瞬間でもあり、私の心情を表したも
のです。実際、そう想える人が居るんです。
T352_3

web拍手 by FC2

| |

« [No.824-2]恋の残骸 | トップページ | [No.825-1]ペパーミントグリーン »

(114)通信No.351~375」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ホタル通信 No.352:

« [No.824-2]恋の残骸 | トップページ | [No.825-1]ペパーミントグリーン »