« [No.820-1]雪国の余裕 | トップページ | ホタル通信 No.350 »

[No.820-2]雪国の余裕

No.820-2

「何かあった?」
「ごめん、そんなんじゃない・・・」

別に悩み事とか心配事があるわけじゃない。

「ほら、さっきから雪の話題が・・・」
「・・・それがどうしたの?」

同僚には悪いが、雪に興味がない。
もちろん、ちゃんとした理由がある。

「私・・・雪国生まれなの」
「そうなの!?知らなかった・・・」

同僚と親しくなって、まだ日が浅い。
お互い、まだ知らないことも多い。

「・・・だから・・・か」
「うん・・・そういうこと」

私にとっては、珍しくも何ともない。
雪がチラホラしようが、晴れや雨となんら変わらない。

「ごめん・・・」
「ううん、それを言うなら私のほうよ」

もちろん、生返事をしてしまったことに対してだ。
それと、もうひとつ、謝る理由がある。

「雪は初めて?」
「・・・うん、だからつい・・・」

沖縄生まれの同僚を気遣えなかったことに対してだ。
S820
(No.820完)
読み終えたら、クリックして頂けると、励みになります。
ブログランキングへ
 ブログランキングへ にほんブログ村 小説ブログ 短編小説へ web拍手 by FC2

| |

« [No.820-1]雪国の余裕 | トップページ | ホタル通信 No.350 »

(033)小説No.801~825」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: [No.820-2]雪国の余裕:

« [No.820-1]雪国の余裕 | トップページ | ホタル通信 No.350 »