« [No.818-1]老人とイヌ | トップページ | ホタル通信 No.349 »

[No.818-2]老人とイヌ

No.818-2

「相棒?」

私にはそんな関係に見える。

「・・・とは言っても人間じゃないんだけど」

そうなると答えはひとつしかない。

「妖怪?」
「・・・あのね」

おじいちゃんの歩みにあわせるイヌが、そこに居なかった。

「なんだぁ~」
「なんだぁ~・・・って、普通はイヌでしょ?」

とにかく、おじいちゃんだけが散歩していた。

「それは心配ね」
「うん・・・その日だけならいいんだけど」

ただ、今まで一度もひとりだけの姿を見たことがない。
だからこその違和感だった。

「まぁ、明日には元気な姿を見せてくれるんじゃない?」
「うん・・・そう願ってる」

翌日、友人の言葉通りになった。

(良かったぁ・・・)  

すれ違いざまに、心の中でつぶやいた。

「今日も一日、頑張るかぁ!!」

私の大きな声に、相棒だけが振り向いた。
S818
(No.818完)
読み終えたら、クリックして頂けると、励みになります。
ブログランキングへ
 ブログランキングへ にほんブログ村 小説ブログ 短編小説へ web拍手 by FC2

| |

« [No.818-1]老人とイヌ | トップページ | ホタル通信 No.349 »

(033)小説No.801~825」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: [No.818-2]老人とイヌ:

« [No.818-1]老人とイヌ | トップページ | ホタル通信 No.349 »