« [No.802-1]僕らの鉄工所 | トップページ | ホタル通信 No.341 »

[No.802-2]僕らの鉄工所

No.802-2

「・・・だから、懐かしいな・・・と」

地元を離れた数年後に、廃業したらしい。

「その鉄工所は、僕らにとっては宝の山だったからね!」
「これに、そんな思い出があるとは・・・ね」

僕自身も意外だった。
思い出と言うほど、大切にしてきたつもりはなかったのに。

「正直、忘れてたくらいだよ」
「でも、思い出ってそんなものじゃない?」

確かにそうとも言える。
この金属クズが、思い出の引き出しを開けるカギになった。

「上手いこと言うわね!」

何となく、カギにも見えなくもない。

「多分、あそこの工場からだろうね」

目線の先に、小さな町工場が見える。

「そうだな・・・転がってきたんだろうな」

形が形だけに、そう考えるのが妥当だろう。

「どうするの、これ?」

拾ったものの、どうしていいか対応に困る。
捨てるのも忍びないが、今の自分には“不要”な物だ。

「届けてあげたら?今までの感謝を込めて」
S802_2
(No.802完)
読み終えたら、クリックして頂けると、励みになります。
ブログランキングへ
 ブログランキングへ にほんブログ村 小説ブログ 短編小説へ web拍手 by FC2

| |

« [No.802-1]僕らの鉄工所 | トップページ | ホタル通信 No.341 »

(033)小説No.801~825」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: [No.802-2]僕らの鉄工所:

« [No.802-1]僕らの鉄工所 | トップページ | ホタル通信 No.341 »