« 2017年9月 | トップページ | 2017年11月 »

2017年10月

[No.798-1]210円の切符

No.798-1

登場人物
女性=牽引役  女性=相手
-----------------------------
「ICカード・・・だよね?」
「そうだよ」

友人がおそるおそる聞いてきた。

「しつこいけど、“今も”だよね?」
「そうよ」

友人がなぜしつこく聞いてくるのか、理由は分かっている。

「だったら・・・さっきの・・・」
「別に彼女たちをだましたわけじゃないからね」

さっき、高校生らしい女の子二人組に声を掛けられた。
電車から降りた直後に。

「けど、その切符、あなたのじゃないでしょ?」
「もちろん!だってICカードだもん」

彼女達からこう声を掛けられた。
“切符を落としましたよ”と。

「だったら、その切符、どうするつもり?」
「とりあえず、駅員さんにでも届けておくわ」

友人が何か言いたそうだった。

「“なぜ違うと言わなかったの?”・・・なんて顔ね」
「だってそうなるでしょ!?」

これにはちゃんとした理由がある。

(No.798-2へ続く)

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

[No.797-2]避けるのが上手い

No.797-2

「目の前の弾を避けるだけじゃなくて・・・」

彼がテクニックを語り始めた。

「避けた先の先も見据えておかないと」
「・・・追い詰められるんでしょ?」

彼が驚いた顔をしている。

「・・・詳しいな?」
「あれ、話してなかった?」

ゲームは男性だけのものじゃない。

「ゲーマーなの?」
「その昔ね」

今は、スマホでぬるいゲームをたしなむ程度だ。

「・・・とか、得意だったわ」

さらに彼が驚きの表情を見せた。

「今度、一緒にゲーセンに行かない?」

シューティングゲームには、もうひとつ上達するものがある。

「いいわよ」

たった今、彼は私に撃墜されたのだ。
S797
(No.797完)
読み終えたら、クリックして頂けると、励みになります。
ブログランキングへ
 ブログランキングへ にほんブログ村 小説ブログ 短編小説へ web拍手 by FC2

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

[No.797-1]避けるのが上手い

No.797-1

登場人物
女性=牽引役  男性=相手
-----------------------------
「へぇ~、運動神経がいいのね」
「まぁ・・・な」

すれ違う人波を、器用に避けて歩いている。

「よくぶつからないわね!?」

サッカー選手がドリブルで敵陣を突破するのに似ている。
大袈裟な表現だけど。

「得意なんだよ、こんなこと」
「何かスポーツでもしてたの?」

身のこなし方は、なかなかのものだ。

「いいや・・・でも、今はスポーツかもな」
「・・・今は?」

彼が、その理由を話してくれた。

「昔からシューティングゲームとか得意でさ」

簡単に言えば敵に撃墜されないようにするゲームだ。

「だから、避けるのが上手くなった?」
「あぁ、それは間違いない」

確かに、通ずるものはあるだろう。
弾幕を避けるには、相当のテクニックがいる。

(No.797-2へ続く)

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

ホタル通信 No.338

小説の舞台裏やエピソード、作者の想いを紹介します。

小説名:No.314 ファースト・イベント
実話度:★★★★★(100%)
語り手:男性

ほぼ100%実話で、セリフも完全とは言えませんが、忠実に再現
してみました。

本題に入る前に、前々回のホタル通信「No.336」を、ご確認頂けれ
ば幸いです。これは小説「No.278 群れの外」の舞台裏を紹介した
ものです。
今回ご紹介する小説とNo.278は、関連性があります。一部、マッチ
しない部分もありますが、登場する女性は同一人物です。

実話度100%なので、読んでいただいた通りです。
パソコンの件で彼女の印象がガラリと変わりました。別にそれ自体
ショックというわけではありませんでした。それよりもこれを期に彼女
が語る過去に大きな衝撃を受けました。
この衝撃については、小説でもホタル通信でも何度か紹介していま
す。とにかく、この小説はある意味、ふたりの関係のターニングポイ
ントになりました。

今思えば“ファースト・イベント”よりも“ターニング・ポイント”の方が
タイトルとしては優れていたのかもしれませんね。
ただ、ふたりの間にあった他人行儀な距離感が、グッと縮まることに
なった出来事でした。そのため、記念日的な意味合いを込めて、ファ
ースト・イベントとタイトルを決めた記憶があります。
T338

web拍手 by FC2

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

[No.796-2]上には上がいる

No.796-2

「・・・悲劇?」
「あぁ・・・」

僕の速さは、陸上部では“普通以下”だった。
ハッキリ言えば、一番遅い。

「これくらいなら、まだいいけど・・・」

本当の悲劇はこの先にあった。

「地区の大会に出た時なんて・・・」

それこそ、全員の中でも一番遅かったかもしれない。
予選落ちどころか、本来なら予選すら出れるレベルじゃない。

「厳しい世界ね・・・」
「あぁ、自分の実力を痛感したよ」

世の中、上には上がいる。
自分が一番上なんて、よく考えなくてもあるはずがない。

「クラブ活動は続けたの?」
「あぁ・・・それでもちゃんと3年間続けたよ」

大きな成果は出なかったけど、それなりに速くはなった。

「世の中、誰もがそうじゃない?」
「・・・そうかもな」

そして、そこから新たな一歩を踏み出すのだ。
S796
(No.796完)
読み終えたら、クリックして頂けると、励みになります。
ブログランキングへ
 ブログランキングへ にほんブログ村 小説ブログ 短編小説へ web拍手 by FC2

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

[No.796-1]上には上がいる

No.796-1

登場人物
男性=牽引役  女性=相手
-----------------------------
小中では、いつもクラスの代表だった。

「へぇ~、すごいじゃん!」

スポーツ万能ではなかったが、とにかく足だけは速かった。

「クラス対抗戦では、いつもアンカーでさぁ」

そのため運動会では大いに目立つことができた。
リレーのアンカーは運動会の花形とも言える。

「随分、もてたでしょ?」
「まぁ・・・な」

年中・・・ともまではいかないが、運動会シーズンはもてた。

「陸上部に入っていたの?」
「いいや」

小中と、陸上部には所属していなかった。
ほかのスポーツ部にも・・・。

「じゃぁ、天性のものね」
「良く言えば、そうなるかな」

これを生かさない手はない。

「・・・で、高校の時、陸上部に入ったんだよ」

そして、悲劇はここから始まった。

(No.796-2へ続く)

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

[No.795-2]三部作

No.795-2

「これで、二つ目ね」
「なにが?」

この時期の風物詩と言えば良いのだろうか?

「キンモクセイの香り・・・そして、この虫・・・」

これらはほぼ同時にやってくる。

「これで三部作のふたつが出揃ったわけね」
「・・・三部作?」

友人が何とも不思議な表情をしている。

「・・・ということは、もうひとつあるんだよね?」
「もちろん!三部作というくらいだからね」

それが何だか分かっていない・・・そんな表情も加わった。

「ちなみに、残るひとつはあなたのことよ?」
「えっ!?わたし?」

やはり気付いていないようだった。
私にとってみれば、風物詩以上の風物詩だと思っている。

「なに、なに!?」
「そろそろ、物色を始めるころでしょ?」

クリスマスに向けた友人の物色が始まると三部作は完成する。
S795
(No.795完)
読み終えたら、クリックして頂けると、励みになります。
ブログランキングへ
 ブログランキングへ にほんブログ村 小説ブログ 短編小説へ web拍手 by FC2

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

[No.795-1]三部作

No.795-1

登場人物
女性=牽引役  女性=相手
-----------------------------
「・・・もう、そんな季節なのね」

友人の唐突なセリフだった。
でも、唐突になる理由は理解できる。

「そうよねぇ・・・」

姿は見えなくとも、どこかで咲いているのは間違いない。
あの独特の香りが漂っているからだ。

「でもさぁ、毎年、同じこと言ってない?」

確かに、この香りを嗅ぐと、つい口から出てしまう。

「逆に言わずにはいられないでしょ?」
「まぁね」

この香りに限らず、この時期、色々なイベントが始まる。

「あいつらも出てきたわよ」
「・・・あっ!ほんとだ」

蚊ような小さな虫がアチコチ飛び交っている。

「けど、まだマシな量ね」

通り過ぎるのをためらうくらい、大量に飛んでいることもある。

(No.795-2へ続く)

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

ホタル通信 No.337

小説の舞台裏やエピソード、作者の想いを紹介します。

小説名:No.282 友だちの鏡
実話度:★★☆☆☆(40%)
語り手:女性

私がよく言う“商業的な小説”の匂いがしますが、実話度はそこ
そこ高めです。

全ての原因が仕事にあったわけではありませんが、いつも難し
い顔で眉間にシワを作っていたのは小説の通りです。これを自
分では気付かず、他人に指摘されて気付いたのが、小説のきっ
かけとなりました。
小説の後半まで「いったい何の話をしているのか」隠した状態で
話を進める、冬のホタルではよく使っている手法です。
前述した通り、眉間のシワに関することは事実ですが、会話に
ついてはほぼ創作です。いきなり、眉間のシワを指摘する話の
展開よりも、やや面白おかしくした方法で、読み手の興味を惹こ
うと考えました。

前半、私は友だちに何を言われたか、想像できますか?
難しくない問い掛けだと思いますが、小説では描いていない真
相はこうです。
私は友だちに「顔にシワがあるわよ」と言われます。私が、そこ
そこの年齢ならそんなに驚きもしないのでしょうが、年齢的に、
20歳半ばくらいの設定にしているので、慌てて化粧室に飛び込
んで、鏡を覗き込むことになります。

眉間のシワは一時的なものであったとしても、本来はない方が
良いものです。友だちはそれを見かねて、ユーモアを交えて私
を助けてくれた・・・というお話でした。
T337

web拍手 by FC2

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

[No.794-2]あなた達の関係は?

No.794-2

「結構、鳴き声が似てたわよ」
「・・・あのね」

なかなか話を軌道に乗せられない。

「で、何よ?」

友人から軌道に乗せてきた。

「ほら、会社の近くに公園があるじゃない?」

比較的、大きな公園だ。。
そこに、猫が数匹、住み着いている。

「時々、見かけるわね」
「まだら模様と言えばいいのかな?」

黒やこげ茶などのまだら模様で、見るからに雑種と分かる。

「彼らは、親子なのかな?」

大きさも同じくらいだ。
模様は同じでも、大きさからは親子とは断言しにくい。

「どうだろう・・・血のつながりはありそうだけどね」
「模様からするとね」

どんな関係であろうが、人間がそれを知る術はない。

「なにさ・・・猫が不倫してるとでも言いたいの?」
「ま、まさか・・・」

でも、本能のまま生きれたら・・・と思うことはある。
S794
(No.794完)
読み終えたら、クリックして頂けると、励みになります。
ブログランキングへ
 ブログランキングへ にほんブログ村 小説ブログ 短編小説へ web拍手 by FC2

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

[No.794-1]あなた達の関係は?

No.794-1

登場人物
女性=牽引役  女性=相手
-----------------------------
言葉の使い方は間違っているが、世は“不倫”ブームだ。

「あなたはどうなの?」
「・・・な、わけないじゃん!」

ただ、未遂ならある。
こればかりは、友人にも話していない。

「でも、急になによ?」
「好きになった人が既婚者とか?」

“相談に乗るよ!”と言う顔がうそ臭い。
とにかく、早めに話を軌道に乗せた方が良いだろう。

「私のことじゃなくて・・・」
「それなら誰?」

誰でもない。
ただ、生き物である点だけは合っている。

「猫よ・・・ね、こ!」
「そんな人、居たっけ?」

話題の振り方がマズかったのかもしれない。
“不倫”という言葉を出してしまったからだ。

「・・・だから、ねこ!ニャーニャーの!」
「そんなに必死にならなくても、分かってるわよ」

どうやら、からかわれたらしい。

(No.794-2へ続く)

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

ホタル通信 No.336

小説の舞台裏やエピソード、作者の想いを紹介します。

小説名:No.278 群れの外
実話度:★★☆☆☆(40%)
語り手:女性

初期の作風が色濃く出ている作品です。ある意味、読み手のこと
は全く考えていません。

先に事実となる部分を書いておきます。まず、鳩が一羽だけウロ
ウロしていることがあること、そして、小説上の私(女性)が、その
昔、群れの外に居たことです。
時々「なんでこんな所に居るの?」と思ってしまうほど、場違いな
所で鳩を見かけることがあります。
多くの人は、それを見て心情的に何も感じないと思いますが、私
は違っていました。私にとっては、高校の時に周囲から浮いた存
在であったことを思い出させる象徴でした。

今で言う“イジメ”があったわけではなく、周りと馴染めず、ひとり
群れの外・・・といった感じでした。周りもそれを察してか、良くも悪
くも一定の距離がありました。
色々と事情があって、どうしても学校生活を楽しむことができませ
んでした。普段、鳩は群れているイメージが強いために、一羽だけ
ウロウロしている姿を見掛けると、どうしても自分と重ね合わせてし
まいます。

最後になりますが、この記事を書いている人を作者だとすれば、作
者と小説上の“私”は別人です。つまり、この小説は作者自身では
なく、他人の話を描いたものです。
当ブログによくお越し下さる方々なら、誰のことを描いた小説かすぐ
分かると思います。
T336

web拍手 by FC2

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

[No.793-2]一本の糸

No.793-2

「多分、手紙だったと思う」
「・・・手紙?」

とは言え、本格的な手紙ではない。

「ほら、友達同士で回すアレよ」
「・・・あぁ、アレね!」

でも、ひとつ疑問が残る。
手紙だとしても、彼にどうやって渡していたのだろう。
郵送していないことは確かだ。

「私、ちょっと思い出したんだけど・・・」

友人が何やら話しはじめた。

「最初の1通は、何らかの方法で渡して」
「その後の約束は手紙に書いてあったと思う・・・」

私も思い出してきた。

「そう言えば、そうやって会う日を決めたかもしれない」

曜日や時間、場所さえも・・・。

「私もそうかもしれない」
「その時に、また手紙を渡して・・・」

そして、次の約束を確認する。
私達にとって手紙は、いつ切れるとも限らない一本の糸だった。
S793
(No.793完)
読み終えたら、クリックして頂けると、励みになります。
ブログランキングへ
 ブログランキングへ にほんブログ村 小説ブログ 短編小説へ web拍手 by FC2

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

[No.793-1]一本の糸

No.793-1

登場人物
女性=牽引役  女性=相手
-----------------------------
振り返ると、とても不思議なことがある。

「たしかに、そうね」

同窓会では昔話に花が咲く。
加えて、必ず恋愛話に発展して行く。

「でしょ!?」

私たちの高校は女子校だった。
だから、ふたりとも彼氏は他校にいた。

「電話で連絡を取り合っていた記憶がなくて」
「・・・私も」

今のように、携帯もメールもない時代だ。
あったのは、いわゆる“黒電話”だった。

「高校生にはハードルが高かったよね?」

特に、彼氏が彼女に電話する場合は。

「・・・私も数回しか話した記憶がない」

それでも、学校帰りに何度となく一緒に帰っていた。
その時、どうやって連絡を取り合っていたのだろうか?

「そうよね、特別な日ならともかく・・・」
「日常的な連絡って、ほんとどうやってたんだろう・・・」

ただ、なんとなくある記憶が残っている。

(No.793-2へ続く)

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

[No.792-2]思い出のブルーハワイ

No.792-2

「でも休みが取れてよかったよね!」

ダメもとで上司に休暇を申請してみた。
それが意外にアッサリと、取得することができた。

「・・・絶対無理だと思ってた」
「だからなおさら、思い出に残ったのかもね」

ある意味、心置きなく休暇を楽しめた。

「また行きたいね」

“また”どころか何度でも行きたい。

「でも、しばらくは無理ね」
「・・・だね」

もちろん、ゴールデンウィークとかに行けないわけじゃない。
ただ、費用もかさむし、人も多過ぎるだろう。

「次、行ける日を夢見て、頑張るしかないね!」
「いつになるかわかんないけど」

きっと仕事の原動力になるだろう。

「もっと、違うものを原動力にすれば?」
「それもそうね」

ふたりして大笑いした。

「まぁ、今は雰囲気だけで我慢するわ」

軽快なウクレレの音楽と共に、ランチを楽しんだ。
S792
(No.792完)
読み終えたら、クリックして頂けると、励みになります。
ブログランキングへ
 ブログランキングへ にほんブログ村 小説ブログ 短編小説へ web拍手 by FC2

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

[No.792-1]思い出のブルーハワイ

No.792-1

登場人物
女性=牽引役  女性=相手
-----------------------------
「もう、一年たったんだぁ・・・」
「・・・そうね」

去年の今頃、友人とハワイを旅行した。

「ついこのあいだ行ってきたみたい」
「私もそう・・・それこそ数週間前に行った気がしてる」

海外旅行の経験はそこそこある。
けど、今までこんな感覚になったことはない。

「そうなんだよね」
「記憶が一向に古ぼけない」

むしろ、日を追うごとに新鮮になってきている。

「不思議ね・・・」
「行く前はお互い乗り気じゃなかったのに」

別に、何でも良かった。
仕事や人間関係に疲れた末の行動だった。

「ほんと、そう・・・」

それでも、非日常が一番のくすりだと考えた。
そのひとつの答えが海外旅行だった。

「二人とも、行ったことがなかったからね」

一番ポピュラーなはずのハワイに行ったことがない。
それも決め手のひとつになった。

(No.792-2へ続く)

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

ホタル通信 No.335

小説の舞台裏やエピソード、作者の想いを紹介します。

小説名:No.252 ひざのぬくもり
実話度:★☆☆☆☆(20%)
語り手:男性

小説のようなシチュエーションが少なくありません。気付くのが
遅れて、ビックリすることもあります。

経験上、猫はくぼんだところが好きなようです。私が寝ている時
布団の上に乗っかってきて、両足の間に入り込むこともあります。
猫の種類や育った環境にも左右されるかもしれませんが、狭い
ところや窮屈なところが好きですね。それに、そんな場所を見つ
ける天才でもあります。

さて、そんな猫とのふれあいを描いた小説です。基本的に動物
になつかれることが多く、小説のような他人に厳しい犬や猫でも
仲良くなれます。
もちろん、100%仲良くなれるわけではありませんが、少なくとも
敵対心は持たれずに済みます。

小説では彼と彼女の・・・ようなシチュエーションにしていますが、
実際はそんな色気のある話ではなく、仕事中のひとコマを切り取
ったものです。
私があるお客様の家にお邪魔して仕事をしていたら、猫が寄って
きた・・・というのが事実です。従って、ラストの一言は、もちろん、
創作です。
T335

web拍手 by FC2

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

[No.791-2]学生二枚

No.791-2

「もちろん、親に連れて行ってもらったことはあるけど」

“自力”では始めてとなった。

「とりあえず、チケットを買わなきゃならない」
「・・・でも、売り場が分からなくて」

今みたいにネットでアレコレ調べられる時代ではなかった。
だから、どこに売り場があるか分からなかった。

「映画館はビルの3階にあったんだよね」

けど、てっきりビル全体が映画館だと思っていた。
だから・・・。

「1階の受付みたいな所で・・・」
「学生二枚・・・と」

受付嬢のキョトンした顔を今でも覚えている。

「・・・それは恥ずかしい」
「だろ?そこから先は・・・覚えてない」

映画を見た記憶はあるが、何の映画だったか覚えていない。

「普段から硬派を気取ってたからさぁ」

知らなかっただけとは言え、人には見せたくない姿だった。

「学生・・・二枚って言ったよね?」
「・・・そうだけど?」

アレコレ聞かれるはめになった。
S791
(No.791完)
読み終えたら、クリックして頂けると、励みになります。
ブログランキングへ
 ブログランキングへ にほんブログ村 小説ブログ 短編小説へ web拍手 by FC2

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

[No.791-1]学生二枚

No.791-1

登場人物
男性=牽引役  女性=相手
-----------------------------
思い出すと今でも恥ずかしくなる出来事だった。

「ほんと、便利になったよなぁ~」

“しみじみ感”を出し過ぎたのが原因だったのかもしれない。

「その昔、なにかあったの?」

すぐに食い付かれた。
それに的を得ている質問だ。

「いや、ほら、なんだ・・・」
「ネットでもチケットが買えるだろ?それに・・・」

こうして無人の機械からも買える。

「昔はこうはいかなかっただろ?」
「確かに、今とは雰囲気が違う窓口で買ってたわね」

窓口と言っても今のようなオープンなスタイルではなかった。

「学生の頃は緊張したなぁ」

独特の雰囲気にのまれていた記憶がある。

「・・・それで?」
「あぁ・・・ええと・・・」

高校生の時、初めて映画館に行った時の話だ。

(No.791-2へ続く)

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

[No.790-2]最後の100メートル

No.790-2

「なに、びっくりしてるのよ」
「経験者なら、そう言うでしょ?」

大袈裟だけど、400メートルには魔物が棲んでいる。
それも、最後の100メートルに。

「私も何度か、魔物に襲われたわ」

200メートルなら全力を出し切ったところでゴールできる。
でも、400メートルになるとそうはいかない。

「俺なんか、いつもだったよ」

300メートルを越えたあたりから、急激に失速する。
前半、飛ばし過ぎれば、それは顕著に現れる。

「その力加減が難しいのよね」

後半に備えて力をセーブし過ぎると、上位には食い込めない。

「それに、雰囲気もあるし」
「そうね、飲まれちゃうと言うか・・・」

独特の高揚感に襲われる。
だから、力をセーブすることの方が難しいと言える。

「最後の100メートルは息も絶え絶えで・・・」
「・・・足も上がらない」

その必死の形相は、彼や彼女には見せられない。
それこそ100年の恋も冷めかねないからだ。

「そう?私は逆に、それで付き合うようになったんだけど」
S790
(No.790完)
読み終えたら、クリックして頂けると、励みになります。
ブログランキングへ
 ブログランキングへ にほんブログ村 小説ブログ 短編小説へ web拍手 by FC2

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

[No.790-1]最後の100メートル

No.790-1

登場人物
男性=牽引役  女性=相手
-----------------------------
「陸上部だったの!?」
「言ってなかった?」

話の流れで学生時代のクラブ活動の話題になった。

「てっきり文科系だと・・・」
「それ、ほめてるの?」

その質問には答えにくい。
ただ、少なくともけなしてはいない。

「その、ほら・・・お嬢様に見えたからさぁ・・・」
「ふ~ん」

少なくとも喜んでいる表情ではない。
早く話をもとに戻した方がよさそうだ。

「ちなみに、短距離だったよ」
「俺もそう!」

幸いにも彼女から話をもとに戻してくれた。

「400メートルは?」
「もちろん、走ったわよ」

それなら話が早い。
あの苦しみも分かってくれるだろう。

「それなら・・・」
「最後の100メートル?」
「えっ!?そ、そうだけど・・・」

彼女の口から先に出るとは思っていなかった。

(No.790-2へ続く)

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年9月 | トップページ | 2017年11月 »