« [No.761-2]いちじくの木 | トップページ | [No.762-1]パイナツプル »

ホタル通信 No.320

小説の舞台裏やエピソード、作者の想いを紹介します。

小説名:No.354 わらしべ長者
実話度:★★★☆☆(60%)
語り手:女性

なんだか散らかった感がある小説ですね。自分で言うのも変で
すが、イマイチ焦点が絞り込まれていません。

ニュースをきっかけにして、卒業した高校のホームペ-ジに辿り
つく部分はほぼ実話です。そんなつもりではなかったのですが、
気付いたら辿りついていました。
ひとつのきっかけから、次々と連鎖するように事が進んでいく様
が印象に残りました。これをタイトルにしようと考えた時、意味は
違いますが、多少インパクトがある“わらしべ長者”に決めました。

さて、冒頭に記載した“イマイチ焦点が”よりもこの小説には問題
があります。
小説を作った時には、ラストの「実は続きがあるんだ、この話に」
に本当に続きがあったと記憶しているのですが、それが何であっ
たか思い出すことができません。ホタル通信が小説の舞台裏や
秘めたる部分を、さらけ出す目的があるのに本当にすみません。

今はグーグルマップのお陰で、その場に行かずとも写真で雰囲気
が楽しめます。時々、空の上から実家を眺めたり、以前住んでい
た街を眺めたりしています。
「あの場所はどうなってるかな?」と、変わっていなくとも変わって
いたとしても、それはそれで受け止めよう・・・そんな気持ちになり
ます、大袈裟ですが。
T320

web拍手 by FC2

| |

« [No.761-2]いちじくの木 | トップページ | [No.762-1]パイナツプル »

(112)通信No.301~325」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ホタル通信 No.320:

« [No.761-2]いちじくの木 | トップページ | [No.762-1]パイナツプル »