« [No.737-1]秋祭り | トップページ | ホタル通信 No.308 »

[No.737-2]秋祭り

No.737-2

「確か・・・彼女、居たよね?」

けど、彼女とは一度だけしか祭りに行っていない。

「どうして?」
「当時な・・・」

好きな人が居た・・・彼女以外に。

「それって、今でいう“ゲス”ってやつ?」
「ち、ちがうけど・・・強く否定もできないな」

彼女から告白され、なんとなく付き合い始めた。
そんなある日、その祭りに足を運んだ。

「そしたら、好きな人が彼氏連れてて」

祭りでバッタリ会って、会釈までされた。
その瞬間、何かが崩れ始めた。

「・・・ごめん」
「別にいいよ、もう・・・年前の話だぞ」

ただ、あのシーンは今でも鮮明に覚えている。

「そんな僕を見ていた、“僕の彼女”も何か感じたんだろな」

それから数日も経たない内に、別れを告げられた。

「逆に肩の荷が降りたようでさぁ・・・」

何もかも暑かった夏を、忘れられる秋祭りが好きだ。
S737
(No.737完)
読み終えたら、クリックして頂けると、励みになります。
ブログランキングへ
 ブログランキングへ にほんブログ村 小説ブログ 短編小説へ web拍手 by FC2

| |

« [No.737-1]秋祭り | トップページ | ホタル通信 No.308 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: [No.737-2]秋祭り:

« [No.737-1]秋祭り | トップページ | ホタル通信 No.308 »