« [No.719-1]一生の戦い | トップページ | ホタル通信 No.299 »

[No.719-2]一生の戦い

No.719-2

お互いの力が均衡しているせいだろうか・・・。
雨が降るわけでもなく、晴れるわけでもない、曇り空が続いた。

「さすが、やるわね!」
「はぁ・・・」

驚くほどノリノリの彼女だ。
一体、何が彼女をそうさせているのだろう・・・。

「ちなみに、引き分けの場合は?」
「もちろん、再戦よ!」

一応、ルールは決められているようだが見てはいない。
いや・・・そもそも見ようとも思わない。
どうせ、負けたとしても、くだらない罰ゲームくらいだろうから。

「終業時間までだったよな?」
「そうよ・・・残り1時間くらいだね」

曇り空は相変わらずだ。
波風が立たないように、“このまま”終わって欲しい。

「負けたらどう・・・あっ!」

言い終わる前に、空が急激に暗くなってきた。
その直後、大粒の雨が地面を叩き始めた。
俗に言う、“ゲリラ豪雨”だ。

「やだぁ・・・」
「まぁ、勝負は勝負だからね」

とにかく、勝負はついた。
勝ったことより、正直終わって、ホッとした。

「ちなみに、負けたらどうなるの?」
「勝つまでやれって」
S719_2
(No.719完)
読み終えたら、クリックして頂けると、励みになります。
ブログランキングへ
 ブログランキングへ にほんブログ村 小説ブログ 短編小説へ web拍手 by FC2

| |

« [No.719-1]一生の戦い | トップページ | ホタル通信 No.299 »

(029)小説No.701~725」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: [No.719-2]一生の戦い:

« [No.719-1]一生の戦い | トップページ | ホタル通信 No.299 »