« [No.714-1]モンシロチョウ | トップページ | [No.715-1]変わらないもの »

[No.714-2]モンシロチョウ

No.714-2

「だから、なんでここまで来たのかな・・・って」

モンシロチョウにも変ったやつが居たのだろうか。

「そうね・・・」
「上でも目指していたのかしら?」

もし、そうであっても理由を知るすべはない。
そもそも、彼らに意思などあるはずもない。

「そうかな?」
「そうだろ!?」

そんな話は聞いたことがない。

「じゃ、迷い込んだだけなのかな?」
「そう考えるのが妥当だろ」

単に強い風にあおられただけかもしれない。

「まぁ、なににせよ、関係ない話だけどね」

ベランダで虫が死んでいた・・・ただ、それだけだ。

「・・・とは言え、同情してるように感じるんだけど?」
「えっ!?まぁ・・・そうかもな」

確かに“ゼロ”ではない。
だからこそ、こんな話をしたのだろう。

「あっ!ほら、あれ見て!」

モンシロチョウが空高く遠ざかって行く。
まるで何かを追いかけるように。
S714
(No.714完)
読み終えたら、クリックして頂けると、励みになります。
ブログランキングへ
 ブログランキングへ にほんブログ村 小説ブログ 短編小説へ web拍手 by FC2

| |

« [No.714-1]モンシロチョウ | トップページ | [No.715-1]変わらないもの »

(029)小説No.701~725」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: [No.714-2]モンシロチョウ:

« [No.714-1]モンシロチョウ | トップページ | [No.715-1]変わらないもの »