« [No.713-1]おふくろの味 | トップページ | ホタル通信 No.296 »

[No.713-2]おふくろの味

No.713-2

「話を戻すけど、実家を離れてから、一度も食べてないの?」

微妙な部分を突いてきた。

「・・・う、うん・・・まぁ・・・」
「実家には帰っているんでしょ?」

頻繁ではないが、それでも年に一度は帰っている。

「それなら、言えばいいじゃない?」
「・・・なにを?」

一応、分からない振りをして、とぼけてみた。

「それを“食べたい!”って」

確かに、言ったことはない。
けど、言い難い状況がある。

「言い難い?」
「あぁ、気遣ってくれているだけに」

たまに実家に帰っても外食が多い。

「分かる、それ・・・うちもそうだから」

決して楽をしたいからではない。

「美味しいものを食べさせてあげたい・・・親心だと思う」
「だから・・・なかなか言えなくて」

そこには照れくささもある。

「思い切って言ってみたら?喜ぶと思うわよ」
「・・・そうだな」

なんだか、無性に食べたくなってきた。

「次、帰った時に、リクエストしてみようと思う」

「それなら、ついでにレシピも聞いておいてくれない?」
S713
(No.713完)
読み終えたら、クリックして頂けると、励みになります。
ブログランキングへ
 ブログランキングへ にほんブログ村 小説ブログ 短編小説へ web拍手 by FC2

| |

« [No.713-1]おふくろの味 | トップページ | ホタル通信 No.296 »

(029)小説No.701~725」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: [No.713-2]おふくろの味:

« [No.713-1]おふくろの味 | トップページ | ホタル通信 No.296 »