« [No.715-2]変わらないもの | トップページ | [No.716-1]本気の勝負 »

ホタル通信 No.297

小説の舞台裏やエピソード、作者の想いを紹介します。

小説名:No.224 落としたメモリー
実話度:★★☆☆☆(40%)
語り手:男性

同じUSBメモリーを持っていたことは事実ですが、それを
知ったのは、“拾ったから”ではありません。

知るきっかけは、彼女がUSBメモリーを見せてくれたから
です。なぜ、見せてくれたのかは、正直覚えていません。
たかが、同じUSBメモリーを持っていただけに過ぎないこ
とですが、掃いて捨てるほど種類がある中で、偶然を超え
た何かを感じずには居られませんでした。

この小説は、オチを最初から決めてから書き始めました。
USBメモリーから、“記憶”というメモリーを連想し、さらに、
記憶を“想い出”に置き換えました。
ラストの一行は「記憶媒体を落としたら大変」という意味と
「想い出を落としたら(失くしたら)大変」のふたつの意味を
持たせてあります。

小説では、USBメモリーの中身を見せてもらっていますが
実際は見ていませんし、何が入っていたか分かりません。
彼女は彼女で隠そうとする素振りはなく、僕は僕で知ろうと
もしていませんでした。よくよく考えなくても、個人の持ち物
ですからね。
T297

web拍手 by FC2

| |

« [No.715-2]変わらないもの | トップページ | [No.716-1]本気の勝負 »

(111)通信No.276~300」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ホタル通信 No.297:

« [No.715-2]変わらないもの | トップページ | [No.716-1]本気の勝負 »