« [No.713-2]おふくろの味 | トップページ | [No.714-1]モンシロチョウ »

ホタル通信 No.296

小説の舞台裏やエピソード、作者の想いを紹介します。

小説名:No.348 女友達
実話度:★★★☆☆(60%)
語り手:男性

タイトルにもなっている“女友達”は実在の人物です。ただ、
何がきっかけで友達になったのかは覚えていません。

覚えていないというより、きっかけそのものがなかったよう
に記憶しています。気付いて見れば・・・そんな言葉が良く
似合います。
さて、その女友達との会話そのものは創作ですが、出てく
るエピソードはほぼ事実です。
女友達に何人か彼女を紹介してもらいましたが、全員ダメ
になりました。高校生でしたから、つきあうのも別れるのも
言葉は適切ではありませんが“軽い”ものでした。

当時、良く言えば“クール”だし、悪く言えば“無口”な自分
でした。女子も会話も苦手としていたのは、小説に書いて
ある通りです。
そんな中で、女友達だけは苦手意識がなく、会話もごく自
然でした。なぜ、そうなのか理由は分かりませんが、だか
らこそ、友達になれたのかもしれませんね。
実はこの女友達が紹介してくれた彼女の友達とも付き合う
ことになったことがあります。このエピソードはすでに発表
していますので、探してみて下さい。
一時期、俗に言う三角関係になっていました。現在であれ
ば、“ゲス”と言われそうですね。

ラストは創作です。特別「そうなって欲しかった」という希望
的観測やそれらしき事実があって書いたのではなく、単に
小説的な展開として書いています。
S296

web拍手 by FC2

| |

« [No.713-2]おふくろの味 | トップページ | [No.714-1]モンシロチョウ »

(111)通信No.276~300」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ホタル通信 No.296:

« [No.713-2]おふくろの味 | トップページ | [No.714-1]モンシロチョウ »