« [No.711-2]赤いシート | トップページ | [No.712-1]一号店 »

ホタル通信 No.295

小説の舞台裏やエピソード、作者の想いを紹介します。

小説名:No.360 ふたつの月 
実話度:★☆☆☆☆(20%)
語り手:女性

少し話の辻褄が合わない部分はありますが、比較的お気に
入りの小説です。

この小説は“月”をテーマにして、早々に映画の話題にすり
変って行きます。ただ、すりかわったと言っても、“月”がテ
ーマであることには変わりはありません。
ただ、妖しく光る月→映画の話・・・という流れでストーリーを
考えたのではなく、実際はその逆でした。映画の印象が強く
残っていたところへ、妖しい月が目に入った・・・という流れが
小説を書くきっかけです。

ところで、小説に出てくる映画・・・何だか分かりますか?
多少、脚色しているので実際の映画と異なる部分もあります
が、ほぼそんな感じのワンシーンがあります。
随所にヒントがあるので、考えてみてください。SF好きなら簡
単に分かると思います。

さて、話を戻せば・・・彼女のアピールに気付かず、映画の話
をし出す彼。ついつい、彼の話に食い付いてしまった彼女。
小説の90%くらいは、本来はどうでもいい部分であり、ラスト
で劇的な結末を迎えるというパターンです。
冬のホタルでは定番の手法ですが、無理矢理感が多い小説
の中にあって、比較的、しっくりくる出来栄えです。

手前味噌ですが、5分程度のミニドラマとして映像化したら、
文字よりも映えるんじゃないかと思っています。起承転結が
ハッキリしているのと、展開を裏切る衝撃のラストが待ち構え
ていますので。
T295

web拍手 by FC2

| |

« [No.711-2]赤いシート | トップページ | [No.712-1]一号店 »

(111)通信No.276~300」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ホタル通信 No.295:

« [No.711-2]赤いシート | トップページ | [No.712-1]一号店 »