« [No.709-2]ぬけがら | トップページ | [No.710-1]孤独なネコ »

ホタル通信 No.294

小説の舞台裏やエピソード、作者の想いを紹介します。

小説名:No.378 あめちゃん
実話度:★★★★★(100%)
語り手:男性

実話度はほぼ100%です。100%だからこそのテーマかもし
れません。

小説に出てくる“飴”のメーカーや商品名は覚えていません
が、メジャーではなかったことは覚えています。また、当時
同じものを買おうと、コンビニやスーパーをいくつか巡っても
売っていませんでした。
この小説は飴が表向きのテーマになっているものの、冒頭
とラストから分かるように“彼女を疑ってしまった”ことこそが
本当のテーマです。

「売ってたら買ってくる」なんて社交辞令だと思っていました。
自分も似たようなことを言うこともありますから。
でも、相当な日数が過ぎた後に買ってきてくれたので、結構
ビックリしたのを覚えています。だからこそ、小説になったと
思います。
結果的に、今までの中間報告が言い訳ではなかったことに
なるわけですから、それを疑っていたことに対する反省の念
もあり、これの方が飴そのものよりも色濃く、小説に反映され
ました。

なんてことない小説なんですが、実話をベースにする当ブロ
グの象徴的な小説のひとつかもしれません。
T294

web拍手 by FC2

| |

« [No.709-2]ぬけがら | トップページ | [No.710-1]孤独なネコ »

(111)通信No.276~300」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ホタル通信 No.294:

« [No.709-2]ぬけがら | トップページ | [No.710-1]孤独なネコ »