« [No.707-2]次の約束 | トップページ | [No.708-1]○○さん »

ホタル通信 No.293

小説の舞台裏やエピソード、作者の想いを紹介します。

小説名:No.222 微笑
実話度:★★★★☆(80%)
語り手:男性

自分で言うのも変ですが、大変懐かしい小説です。こんな
時代もあったのかと・・・ある歌の歌詞ではありませんが。

実話度はかなり高めです。本当は100%でも良かったので
すが、小説の冒頭が創作なので、少し控えめに設定しまし
た。三人で逢う予定・・・ではなく、最初から二人で逢う約束
をしていました。なぜ、わざわざ創作したのかは覚えていま
せん。

もしかしたら、この小説だけかもしれない特徴を持っていま
す。それは有名人の名前が直接的に書かれていることで
す。普段はある人・・・で片付けることが多く、それが誰であ
るかは、読み手に任せています。
ところが、この小説は一人どころか、多数の実名が出てき
ます。実話をベースにした小説ですから、当然と言えば当
然なのですが、逆に嘘っぽく見えてしまうところが不思議
です。

あえて言う必要もありませんが、彼女は実在の人物です。
でも、冬のホタルではこの小説にしか登場していません。
だからこそ、話は戻りますが「こんな時代もあったのか」
と想うわけです。
T293

web拍手 by FC2

| |

« [No.707-2]次の約束 | トップページ | [No.708-1]○○さん »

(111)通信No.276~300」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ホタル通信 No.293:

« [No.707-2]次の約束 | トップページ | [No.708-1]○○さん »