« [No.706-1]さながらホラー話 | トップページ | [No.707-1]次の約束 »

[No.706-2]さながらホラー話

No.706-2

もしかしたら、好きな芸能人の話でもしたのかもしれない。

「知りたい?」
「あっ・・・う、ううん・・・」

どこかで、口を滑らせていなければいいのだが・・・。

「写真よ、写真!」
「写真?」

大急ぎで思い出す。

「アルバムって言ったほうがいいのかな?」
「・・・あっ!?あれかぁ~!」

以前、子供の頃のアルバムを見せたことがある。

「俺の部屋の写真・・・だよね?」
「そうよ」

高校生活の数少ない一枚だった。

「でも、よく覚えてた・・・というか、見てたな?」
「意外と気にするものよ、女子は」

知らなかった事実だ。

「けど、アニメだけに限らないけどね」
「えっ!?」
「アイドルでも、そうじゃない普通の人だって・・・」

この先は聞きたくないような気がする。

「・・・そんなに怖がらなくてもいいでしょ?」

さながらホラー話に聞こえるのは俺だけだろうか・・・。S706
(No.706完)
読み終えたら、クリックして頂けると、励みになります。
ブログランキングへ
 ブログランキングへ にほんブログ村 小説ブログ 短編小説へ web拍手 by FC2

| |

« [No.706-1]さながらホラー話 | トップページ | [No.707-1]次の約束 »

(029)小説No.701~725」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: [No.706-2]さながらホラー話:

« [No.706-1]さながらホラー話 | トップページ | [No.707-1]次の約束 »