« [No.705-1]スタブロ | トップページ | ホタル通信 No.292 »

[No.705-2]スタブロ

No.705-2

「日常生活の中では使わない言葉だよな」

私だって、高校を卒業して以来、一度も使ったことがない。

「なんでまた急に思い出したの?」
「えっ・・・まぁ・・・テレビを見てたら・・・」

端的に言えば、青春ドラマをやっていた。
その際、スタブロが目に入った。

「それがアップになったシーンがあって」

もちろん、それ自体を目にする機会は全くないわけじゃない。
でも、今まで気に留めたことはなかった。

「そのドラマを見てて、色々思い出しちゃったのかな・・・」

当時、学校は違えど、付き合っていた彼も、陸上部だった。

「スターティングブロック・・・略して、スタブロ」
「・・・関係者しか分からないよね、きっと」

確かにそうだろう。

「思い出すよな・・・スタート時の緊張感・・・」
「そして、号砲で一気に飛び出す開放感!」

ここへ来て、先輩との距離がグッと近くなった。
今は思えば、この時、私たちの恋もスタートをきっていた。
S705
(No.705完)
読み終えたら、クリックして頂けると、励みになります。
ブログランキングへ
 ブログランキングへ にほんブログ村 小説ブログ 短編小説へ web拍手 by FC2

| |

« [No.705-1]スタブロ | トップページ | ホタル通信 No.292 »

(029)小説No.701~725」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: [No.705-2]スタブロ:

« [No.705-1]スタブロ | トップページ | ホタル通信 No.292 »