« [No.703-1]3-1=3 | トップページ | ホタル通信 No.291 »

[No.703-2]3-1=3

No.703-2

「じゃぁ・・・始めますか!」

早速、手分けして探し始めた。
でも、夏ということもあり、草木が捜索の邪魔をする。

「・・・まさか!ってことないよね?」

それは保証できない。
子ネコが大人になれる確率は低いと聞いたことがある。

「その時はその時よ!」

覚悟を決めた・・・捜索にも熱がこもる。
でも、結局見つけることはできなかった。

「・・・大丈夫よ!どこかでふてぶてしく生きてるわよ!」
「うん・・・」

そう願いたいし、そう信じたい。
その時だった・・・。
一匹の子ネコが茂みから顔を覗かせた。

「こ、この子?」
「ううん、色が違う」

目の前の子ネコは、薄い茶色だった。

「けど、初めて見た、この子・・・」
「・・・おいで」

まだ警戒心が薄いせいだろうか・・・ヨチヨチを私に寄ってきた。

「新しい命が誕生してたんだね!」

彼らは人間が考える以上にたくましい。
あの子も、きっと・・・生き抜いている。
S703
(No.703完)
読み終えたら、クリックして頂けると、励みになります。
ブログランキングへ
 ブログランキングへ にほんブログ村 小説ブログ 短編小説へ web拍手 by FC2

| |

« [No.703-1]3-1=3 | トップページ | ホタル通信 No.291 »

(029)小説No.701~725」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: [No.703-2]3-1=3:

« [No.703-1]3-1=3 | トップページ | ホタル通信 No.291 »