« [No.705-2]スタブロ | トップページ | [No.706-1]さながらホラー話 »

ホタル通信 No.292

小説の舞台裏やエピソード、作者の想いを紹介します。

小説名:No.311 右手の指輪
実話度:★★☆☆☆(40%)
語り手:男性

小説のようにかなり突っ込んだ話はありませんでしたが
相手の女性は実在の人物です。

指輪の位置に、男性が想像しているほど深い意味がな
いことを知ってはいたので、少し強引に、話を作ってしま
った感があります。
実際、小説の重要なポイントである「どの指から、どの指
に替わったのか」を書いていません・・・というより“書けな
かった”というのが正直な感想です。
本当は、友達と恋人を意味する指が明確に存在しておれ
ば良かったのですが・・・。

さて、この小説は比較的、気に入っています。よく読めば
辻褄が合わない部分がチラホラあるものの、何とか体裁
は整えています。
冒頭、実在する人物と書きましたが、この人は当ブログで
頻繁に登場する女性のひとりです。その女性の指輪がと
ても印象的だったので、このアイデアを思い付きました。
ただ、小説のような会話には進展せず、「聞くに聞けない」
状態でした。

彼女とは特別な関係ではありませんでした。別の見方を
すれば、彼女が僕に対して“牽制球”を投げていたのかも
しれませんね。その牽制球が、どちらの意味を持つのか、
真相は闇の中です。
T292

web拍手 by FC2

| |

« [No.705-2]スタブロ | トップページ | [No.706-1]さながらホラー話 »

(111)通信No.276~300」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ホタル通信 No.292:

« [No.705-2]スタブロ | トップページ | [No.706-1]さながらホラー話 »