« [No.698-1]謝るタイミング | トップページ | [No.699-1]暗号なの? »

[No.698-2]謝るタイミング

No.698-2

「・・・彼女でもない?どういうこと?」
「そういうことだよ」

直接ではないけど、確かに話をするようになった。

「さっき、多分って言っただろ?」
「もしかして・・・」

順序が逆とでも言えばいいのだろうか?

「仲直りは・・・まだなんだ」

絶縁状態でも、数週間に一度くらいはLINEを入れていた。
もちろん、返事はなかったが・・・。
でも、いつの頃からか返事が徐々に返ってくるようになった。

「じゃぁ、謝ってないんだ?」
「お互いと言うか・・・少なくとも僕はね」

結局、仲直りするタイミングを失い、今に至った。

「おかしな話だろ?」

彼女も僕も特別、意地っ張りな性格ではない。

「別にいいじゃん!」
「無かったことにしたいと思ってるのよ、彼女」

ある意味、都合の良い話に聞こえなくもない。
ただ、謝るタイミングが難しいことは確かだ。
S698
(No.698完)
読み終えたら、クリックして頂けると、励みになります。
ブログランキングへ
 ブログランキングへ にほんブログ村 小説ブログ 短編小説へ web拍手 by FC2

|

« [No.698-1]謝るタイミング | トップページ | [No.699-1]暗号なの? »

(028)小説No.676~700」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: [No.698-2]謝るタイミング:

« [No.698-1]謝るタイミング | トップページ | [No.699-1]暗号なの? »