« ホタル通信 No.288 | トップページ | [No.698-2]謝るタイミング »

[No.698-1]謝るタイミング

No.698-1

登場人物
男性=牽引役  女性=相手
-----------------------------
「ねぇ、その後、彼女とはどうなったの?」

仲が良い女子社員から声を掛けられた。

「どう・・・って」
「ほら、ケンカ中だったわけじゃない?」

確かに半年前に大きなケンカがあった。

「仲直りできてる、多分・・・」
「多分?」

しばらくの間、ほぼ絶縁状態が続いていた。

「最近、少しづつ話をするようになったんだ」

とは言え、直接ではない。
メールやLINE越しに、文字やスタンプとして。

「でも良かったじゃん!」
「けど、謝るタイミングは難しいよね」
「・・・で、どっちから謝ったの?やっぱりあなた?」

正直、ケンカの真の原因は不明だった。
とにかく、僕の何かが気に触ったらしい。

「僕じゃないよ」
「それなら、彼女?」

いや、彼女でもない。

(No.698-2へ続く)

|

« ホタル通信 No.288 | トップページ | [No.698-2]謝るタイミング »

(028)小説No.676~700」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: [No.698-1]謝るタイミング:

« ホタル通信 No.288 | トップページ | [No.698-2]謝るタイミング »