« [No.695-1]ショートカット | トップページ | ホタル通信 No.287 »

[No.695-2]ショートカット

No.695-2

「・・・で、どうだったの?」
「意外に覚えてたわ、道や建物を」

夜にもかかわらず、迷うことなく歩けた。
それこそ、車が通れない狭い道までも。

「街灯もほとんどないから、結構真っ暗なのよね」
「それって、危なくない?」

都会ならそうかもしれないが、幸か不幸かそれはない。

「・・・じゃなくて、あなたが“危ない人”って思われない?」
「そっちぃ!?」

本当は昼間にゆっくり歩きたかった。
けど、翌日は朝早くに帰らなければならなかった。

「歩いただけでも懐かしかったわ」
「そうね・・・わかる」

辺りが真っ暗でも、体が何かを覚えている。
そんな気がした。

「それに、久しぶりにあることをしちゃったの」
「なになに!?」

畑の脇を抜ければ早く家に着ける、そんな場所があった。
小さい頃、冒険心をくすぐられ、よくショートカットした。

「でも、畑の持ち主に見つかって、よく怒られたなぁ・・・」

今回の小旅行を締めくくるには丁度良いイベントだった。
S695
(No.695完)
読み終えたら、クリックして頂けると、励みになります。
ブログランキングへ
 ブログランキングへ にほんブログ村 小説ブログ 短編小説へ web拍手 by FC2

|

« [No.695-1]ショートカット | トップページ | ホタル通信 No.287 »

(028)小説No.676~700」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: [No.695-2]ショートカット:

« [No.695-1]ショートカット | トップページ | ホタル通信 No.287 »