« [No.697-2]分かっていたけど | トップページ | [No.698-1]謝るタイミング »

ホタル通信 No.288

小説の舞台裏やエピソード、作者の想いを紹介します。

小説名:No.219 雲が赤い
実話度:☆☆☆☆☆(00%)
語り手:男性

実話度はほぼゼロです。“運転中に夕焼け空を見た”と
いう事実以外、全て創作になります。

実際、余り目にしたことがない夕焼け空が広がっていま
した。特別な夕焼け空だからこそ、小説を書こうと思った
のかもしれません。
さて、全体の話の構成は分かりますか?やや遠回しに
会話を進めているので、分かり難いかもしれません。

簡単に書けばこうです。
契約が取れずに落ち込む営業の女性。それを遠回しに
励ましている男性。これをコミカルに進行させています。
また、夕焼けを加えて、ロマンティックな雰囲気も演出し
ています。
ですが、お互い恋愛感情を持っていない、単なる同僚の
設定です。

前述した通り、ロマンティックな雰囲気をかもし出しなが
らも、進行はやはりコミカルタッチです。
ラスト付近は、そのロマンティックな夕焼け空が、コミカ
ルタッチでスイーツに変わる様を描いています。
そしてラストの一行は、悲しい涙で終わらぬように、立ち
直った彼女で締めくくりました。
もちろん、スイーツが美味しい店に二人で立ち寄ったの
は言うまでもありませんよね。
T288

web拍手 by FC2

| |

« [No.697-2]分かっていたけど | トップページ | [No.698-1]謝るタイミング »

(111)通信No.276~300」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ホタル通信 No.288:

« [No.697-2]分かっていたけど | トップページ | [No.698-1]謝るタイミング »