« [No.699-2]暗号なの? | トップページ | [No.700-1]グリーティングカード~玲奈~ »

ホタル通信 No.289

小説の舞台裏やエピソード、作者の想いを紹介します。

小説名:No.382 オーバー・ライト
実話度:★☆☆☆☆(20%)
語り手:女性

分かったような分からないような・・・何とも中途半端な
小説ですね。それに、仕上がりも雑です。

今でもそうなんですが「あれ?空き地になる前、何だっ
たっけ?」ということが少なくありません。それこそ毎日
目にしていたはずなんでしょうが・・・。
こういった経験から「見ていることと記憶していることと
は違う」と思っていました。
ですから、これ以外にも似たような小説をいくつか発表
しています。「見ているようで見ていない」という経験は
色々なところに影響するからです。

それを軸にして展開と結論は様々です。今回は「記憶
が上書きされて、覚えていないように思ってしまう」が
展開です。そして「女性は失恋上手」ということを結論
として用意しました。
そして、小説のタイトルは内容の通り、オーバーライト、
つまり“上書き”にしました。

最後になりますが、私にとって、“空き地”は色々と想
像力を膨らませることができる、魅力的な場所です。
そこは過去と未来が共存できる不思議な場所なのか
もしれませんね。
T289

web拍手 by FC2

| |

« [No.699-2]暗号なの? | トップページ | [No.700-1]グリーティングカード~玲奈~ »

(111)通信No.276~300」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ホタル通信 No.289:

« [No.699-2]暗号なの? | トップページ | [No.700-1]グリーティングカード~玲奈~ »