« [No.695-2]ショートカット | トップページ | [No.696-1]余裕な発言 »

ホタル通信 No.287

小説の舞台裏やエピソード、作者の想いを紹介します。

小説名:No.309 乗り遅れた飛行機
実話度:★★☆☆☆(40%)
語り手:女性

今でも時々そんな夢を見ることがあります。夢がリアル
過ぎることもあって、現実で起きたことのように記憶して
います。

実際、不安性なので、特に飛行機に乗る場合は、かなり
早い時間に空港へ着くように行動しています。電車のよう
に、「次の電車に乗ればいい」というわけには行きません
ので、その不安が夢となって現れているように思えます。
前述した通り、かなり鮮明に覚えているというか、現実と
夢の区別がつかず、目が覚めた時の「良かった~夢で」
感が半端ないです。

さて、後半の中盤以降から実話度は下がってきます。夢
自体の話は事実ですが、「一度だけ・・・」のくだりからは
創作になります。
いつも遅れてしまう夢なので、一度くらいは乗り遅れない
夢があってもいいかな?と思い、適当に話を進めてみま
した。適当と言うくらいですから、この時、なにかを狙って
いたわけではありません。

ラストの「手を差し延べてくれる人が大勢いた」は、現実
社会でも周りの人が、手を差し延べてくれるんじゃないか
な?を暗に示しています。
でもこれだと、少し真面目な終わり方になってしまうので
あえて、ブラックジョーク風なオチを用意しました。
T287

web拍手 by FC2

| |

« [No.695-2]ショートカット | トップページ | [No.696-1]余裕な発言 »

(111)通信No.276~300」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ホタル通信 No.287:

« [No.695-2]ショートカット | トップページ | [No.696-1]余裕な発言 »