« [No.693-2]変な習慣 | トップページ | [No.694-1]立ち入り禁止 »

ホタル通信 No.286

小説の舞台裏やエピソード、作者の想いを紹介します。

小説名:No.328 プラネタリウム
実話度:★☆☆☆☆(20%)
語り手:男性

実話度は低めです。ほぼ創作と言って良いほどの内容
ですが、現在の作風にはないある特徴があります。

今も昔も“実話や実話からヒントをもらって書く”スタイル
は変わっていませんし、これからも多分変わりません。
それゆえに実話度が高ければ、よりリアルさを増した小
説になる一方で、一般受けしにくい内容にもなってしまい
ます。逆に実話度が低いと、作り物の要素が増えるため
一般受けしそうな内容になる傾向にあります。

今回の小説の実話度は低めですが、内容には妙なリア
リティを持たせています。実際にはこのような会話はして
いませんが、“したらこうなるだろう”を比較的忠実に再現
しています。つまり、作り物だからと言って何でもありして
いないところが、現在にはない作風なんです。
今は、どちらかと言えば何でもありにすることが多く、リア
ルさの面では物足りません、自分で言うのも変ですが。

そんなこんなで、実話度は低めでも、自分の中では非常
にリアリティ溢れる作品になっています。
この話を含めて、星に関する話をいくつか書いています。
もちろん、それは彼女から影響を受けたからです。
T286

web拍手 by FC2

| |

« [No.693-2]変な習慣 | トップページ | [No.694-1]立ち入り禁止 »

(111)通信No.276~300」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ホタル通信 No.286:

« [No.693-2]変な習慣 | トップページ | [No.694-1]立ち入り禁止 »