« [No.692-1]息苦しい | トップページ | [No.693-1]変な習慣 »

[No.692-2]息苦しい

No.692-2

「どんな?」
「さっき言った通り、乗っかっている夢だよ」

いつもの場所でぐっすり寝ていた。
よほど居心地が良かったのかもしれない。

「・・・微乳だから?」
「それは言わないの!」

でも、布団をかぶれば微乳も巨乳も関係ないはずだ・・・多分。

「夢の中だけど、息苦しくなって、目が覚めたの」
「そう言えば、死んだの丁度、1年前くらいよね?」
「そうだよ・・・偶然だけど死んだ日に見たの」

友人が何か言いたそうだ。
その季節には若干、早いが・・・。

「それって・・・やっぱり」
「偶然よ、単なる偶然・・・」

友人の言いたいことは分かっている。
それに当たっているとも言えるし、外れているとも言える。

「でも、去年の死んだ日にだよ?」
「だから、偶然なの・・・単なる偶然!」

偶然なのは間違いない。
ただ、その偶然を引き起こす何かについてまでは否定はしない。

「息苦しくて目覚めたら、彼の足が胸の辺りに・・・」
S692
(No.692完)
読み終えたら、クリックして頂けると、励みになります。
ブログランキングへ
 ブログランキングへ にほんブログ村 小説ブログ 短編小説へ web拍手 by FC2

|

« [No.692-1]息苦しい | トップページ | [No.693-1]変な習慣 »

(028)小説No.676~700」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: [No.692-2]息苦しい:

« [No.692-1]息苦しい | トップページ | [No.693-1]変な習慣 »