« [No.691-1]車のゲーム | トップページ | ホタル通信 No.285 »

[No.691-2]車のゲーム

No.691-2

「お兄ちゃんによく誘われたよ」
「けど、一応、男子向きじゃない?このゲーム」

そう言われるとそうだ。
女の子が遊んでいたような記憶はない。

「小さい頃は車好きの女の子なんて居なかったでしょ?」

確かに身近にそんな子は居なかった。

「まぁ・・・居たとしても言わないだろうな」
「そうね」

車はどちらかと言えば、男子の領域だ。
とにかく、もうそのゲームを見かけることもなくなった。

「懐かしい話ね」
「そうだな」

そう言えば、なぜこんな話の展開になったのだろう。
他にもたくさん写真を見ていたのに・・・。

「なんでだろうね?」
「今、車を運転してるからじゃない?」

確かにそう考えるのが妥当だろう。
運転してるから、さっきまで見ていた写真を思い出した格好だ。

「ゲームと違って安全運転で行くぞ」
「そうね、それが一番!」

ハンドルを握る“彼女”の表情が一段と真剣になった。
S691
(No.691完)
読み終えたら、クリックして頂けると、励みになります。
ブログランキングへ
 ブログランキングへ にほんブログ村 小説ブログ 短編小説へ web拍手 by FC2

|

« [No.691-1]車のゲーム | トップページ | ホタル通信 No.285 »

(028)小説No.676~700」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: [No.691-2]車のゲーム:

« [No.691-1]車のゲーム | トップページ | ホタル通信 No.285 »