« [No.690-1]最後の手紙 | トップページ | [No.691-1]車のゲーム »

[No.690-2]最後の手紙

No.690-2

でも、渡したのは覚えているのに、どこで渡したか覚えてない。

「どういうこと?」
「いつもなら、学校内で渡してたんだけど」

最後の手紙だけは、場所の記憶がない。

「少なくとも学校の中ではないと思うんだけど・・・」

それに手紙だからと言って郵送したわけでもない。

「じゃあ、外で会ってた時くらいしかないわよね?」
「でも、そうそう外では会わなかったし」

付き合っていると言っても高校生だ・・・たかが知れてる。

「友達に頼んだとか?」
「ううん・・・ちゃんと彼を目の間にして渡したよ」

辛い出来事なので、記憶が消失したのだろうか?
とにかく、どこで手紙を渡したのか覚えてない。

「それなら、同じことする?」

幸か不幸か、元カレがまだ地元にいることは知っていた。

「ねっ!聞いてスッキリしたでしょ?」
「まぁ・・・ね」

スッキリした反面、“知らなかった方が良かった”とも思った。

「渡したんじゃなくて、彼から“渡されてた”なんて・・・ね」

それも校門すぐ出たところで渡されたようだった。
こんなシチュエーションなら覚えてられない・・・笑っちゃうけど。
S690
(No.690完)
読み終えたら、クリックして頂けると、励みになります。
ブログランキングへ
 ブログランキングへ にほんブログ村 小説ブログ 短編小説へ web拍手 by FC2

|

« [No.690-1]最後の手紙 | トップページ | [No.691-1]車のゲーム »

(028)小説No.676~700」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: [No.690-2]最後の手紙:

« [No.690-1]最後の手紙 | トップページ | [No.691-1]車のゲーム »