« [No.686-2]謝恩会 | トップページ | [No.687-2]能天気な発言 »

[No.687-1]能天気な発言

No.687-1

登場人物
女性=牽引役  女性=相手
-----------------------------
「今日、スーツ姿の女の子とすれ違ったんだけど」

いわゆるリクルートスーツだ。
まだ、幼さが残る彼女には、不釣合いに見えた。

「そう言えばよく見かけるよね」
「そりゃ、今時期だもん」

入社後、ようやく1ヶ月・・・そんな時期だ。

「ただね、表情が暗かったんだ」

足取りも重く感じた。
たくさんの荷物を抱えていたせいもあるだろう。

「そりゃそうよ、だってまだ・・・」

期待と不安が入り乱れている時期だ。
不安が強ければ暗くもなる。

「そうね、私たちも同じだったわね」

まるで去年の私たち見ているようだった。
期待よりもはるかに不安の方が大きかった。

「だから、人ごとと思えなくて」

今でこそ冷静で居られるが、当時は当時で辛かった。

(No.687-2へ続く)

|

« [No.686-2]謝恩会 | トップページ | [No.687-2]能天気な発言 »

(028)小説No.676~700」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: [No.687-1]能天気な発言:

« [No.686-2]謝恩会 | トップページ | [No.687-2]能天気な発言 »