« [No.691-2]車のゲーム | トップページ | [No.692-1]息苦しい »

ホタル通信 No.285

小説の舞台裏やエピソード、作者の想いを紹介します。

小説名:No.386 片親
実話度:★☆☆☆☆(20%)
語り手:男性

実話度は低めにしています。実際にこのような会話をした
わけではないからです。

ただ、猫の自体は実話で、これに彼女の生い立ちを重ね
あわせたような小説です。あえて、彼女の生い立ちを話す
つもりはありませんが、タイトルも含め、何となく感じとって
頂ければと思っています。

会話をしたわけじゃない・・・そう前述しましたが、それは小
説のように猫を前にして会話をしなかっただけです。
逆に彼女とは“このような”話をする機会が多かったように
思えます。
決して幸せだったとは言えない自分の生い立ちや生活環
境を恨んでいたわけではありませんが、色々な疑問を抱
えながら生きてきました。

そんなこんなで、ココロの病とも闘う彼女と、たまたま通り
過ぎた猫の親子が、考えることもなく自然に結び付きまし
た。でも、実際は父親とも離れ、母親とも疎遠になり、言わ
ば天涯孤独状態であったのも事実です。

今回のホタル通信はやや暗めの内容でしたが、何度か書
かせて頂いた通り、これこそが“冬のホタル”の真髄です。
T285

web拍手 by FC2

| |

« [No.691-2]車のゲーム | トップページ | [No.692-1]息苦しい »

(111)通信No.276~300」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ホタル通信 No.285:

« [No.691-2]車のゲーム | トップページ | [No.692-1]息苦しい »