« 2016年4月 | トップページ | 2016年6月 »

2016年5月

[No.693-1]変な習慣

No.693-1

登場人物
女性=牽引役  女性=相手
-----------------------------
「急に暑くなって来たわね」
「・・・だね」

夏を前に、連日、暑い日が続いている。
急激な気温の変化に、もはや体もバテ気味だ。

「こんな日は早く帰って、お風呂にでも入りたいね」
「それより、その後の“一杯”が目的なんでしょ?」
「あったりぃ~!」

それは私も否定しない。

「あっ、そうだ!お風呂のことで聞きたいんだけど?」
「ん・・・なに?」

自宅の浴槽は、ごく普通のサイズだ。
足を完全に伸ばせないまでも、窮屈には感じない。

「賃貸だから、どこにでもあるタイプだと思う」
「私の家も、そんなものよ」
「でね、半分しか使ってないの」

つまり、湯船で足を伸ばさず、体育座りの格好をしている。

「だから、半分以上、空いてるんだよね」

誰も居ないわけだから、足だって伸ばせる。
なのに、わざわざ窮屈な格好をしてしまう。

(No.693-2へ続く)

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

[No.692-2]息苦しい

No.692-2

「どんな?」
「さっき言った通り、乗っかっている夢だよ」

いつもの場所でぐっすり寝ていた。
よほど居心地が良かったのかもしれない。

「・・・微乳だから?」
「それは言わないの!」

でも、布団をかぶれば微乳も巨乳も関係ないはずだ・・・多分。

「夢の中だけど、息苦しくなって、目が覚めたの」
「そう言えば、死んだの丁度、1年前くらいよね?」
「そうだよ・・・偶然だけど死んだ日に見たの」

友人が何か言いたそうだ。
その季節には若干、早いが・・・。

「それって・・・やっぱり」
「偶然よ、単なる偶然・・・」

友人の言いたいことは分かっている。
それに当たっているとも言えるし、外れているとも言える。

「でも、去年の死んだ日にだよ?」
「だから、偶然なの・・・単なる偶然!」

偶然なのは間違いない。
ただ、その偶然を引き起こす何かについてまでは否定はしない。

「息苦しくて目覚めたら、彼の足が胸の辺りに・・・」
S692
(No.692完)
読み終えたら、クリックして頂けると、励みになります。
ブログランキングへ
 ブログランキングへ にほんブログ村 小説ブログ 短編小説へ web拍手 by FC2

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

[No.692-1]息苦しい

No.692-1

登場人物
女性=牽引役  女性=相手
-----------------------------
「今、空前のネコブームよね?」

空前かどうかは知らないが、そんな雰囲気はある。

「そうかもしれないね」

感覚的には、犬派が多いと感じていた。
飼い主に従順で、頼りにもなる。

「そう言えば、以前飼ってたよね?」
「うん・・・1年前まで」

飼っていたネコは寿命を全うして死んだ。
だから、思いのほか辛くはなかった。

「気まぐれなところがウケてるんじゃない?」

今で言う“ツンデレ”だ。
甘えるときには、呼ばなくても自分から擦り寄ってくる。
けど、それ以外は呼んでも来ない。

「そうかもね、ベタベタしないところが今風なのかもね」
「それにさぁ・・・」

夜中、息苦しさに目覚めると、上に乗っていることがある。

「丁度、胸のあたりに乗ってるから・・・」

そこそこの重量だ、苦しくもなる。

「そう言えば、数日前にそんな夢を見たよ」

(No.692-2へ続く)

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

ホタル通信 No.285

小説の舞台裏やエピソード、作者の想いを紹介します。

小説名:No.386 片親
実話度:★☆☆☆☆(20%)
語り手:男性

実話度は低めにしています。実際にこのような会話をした
わけではないからです。

ただ、猫の自体は実話で、これに彼女の生い立ちを重ね
あわせたような小説です。あえて、彼女の生い立ちを話す
つもりはありませんが、タイトルも含め、何となく感じとって
頂ければと思っています。

会話をしたわけじゃない・・・そう前述しましたが、それは小
説のように猫を前にして会話をしなかっただけです。
逆に彼女とは“このような”話をする機会が多かったように
思えます。
決して幸せだったとは言えない自分の生い立ちや生活環
境を恨んでいたわけではありませんが、色々な疑問を抱
えながら生きてきました。

そんなこんなで、ココロの病とも闘う彼女と、たまたま通り
過ぎた猫の親子が、考えることもなく自然に結び付きまし
た。でも、実際は父親とも離れ、母親とも疎遠になり、言わ
ば天涯孤独状態であったのも事実です。

今回のホタル通信はやや暗めの内容でしたが、何度か書
かせて頂いた通り、これこそが“冬のホタル”の真髄です。
T285

web拍手 by FC2

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

[No.691-2]車のゲーム

No.691-2

「お兄ちゃんによく誘われたよ」
「けど、一応、男子向きじゃない?このゲーム」

そう言われるとそうだ。
女の子が遊んでいたような記憶はない。

「小さい頃は車好きの女の子なんて居なかったでしょ?」

確かに身近にそんな子は居なかった。

「まぁ・・・居たとしても言わないだろうな」
「そうね」

車はどちらかと言えば、男子の領域だ。
とにかく、もうそのゲームを見かけることもなくなった。

「懐かしい話ね」
「そうだな」

そう言えば、なぜこんな話の展開になったのだろう。
他にもたくさん写真を見ていたのに・・・。

「なんでだろうね?」
「今、車を運転してるからじゃない?」

確かにそう考えるのが妥当だろう。
運転してるから、さっきまで見ていた写真を思い出した格好だ。

「ゲームと違って安全運転で行くぞ」
「そうね、それが一番!」

ハンドルを握る“彼女”の表情が一段と真剣になった。
S691
(No.691完)
読み終えたら、クリックして頂けると、励みになります。
ブログランキングへ
 ブログランキングへ にほんブログ村 小説ブログ 短編小説へ web拍手 by FC2

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

[No.691-1]車のゲーム

No.691-1

登場人物
男性=牽引役  女性=相手
-----------------------------
「知ってるよ、それ」
「お兄ちゃんも好きだったから」

さっきまで子供の頃の写真を見ていた。
そこに、あるゲームが映っていた。
・・・とは言え、家庭用じゃない。

「場所はどこ?」
「動物園だよ」

当時、行楽と言えばもっぱら動物園だった。
時々、入場料が無料になることがあったからだ。

「大人になった気分だったな」

一言で言えば、車のゲームだ。
ハンドルを操作して、車の模型を動かす。

「単に舵を切ってるだけだったけどね」

車は固定されたままで、道路が動く。
つまり、変化する道路にあわせて、車を左右に動かすだけだ。

「男子は好きじゃない?こういうの」
「まぁな」

当時、ゲームと言えばこのようなものが主流だった。

「写真からでもそれが伝わるもん!」

写真の中の僕は、真剣そのものだった。
顔は映ってなくても、背中がそれを物語っている。

(No.691-2へ続く)

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

[No.690-2]最後の手紙

No.690-2

でも、渡したのは覚えているのに、どこで渡したか覚えてない。

「どういうこと?」
「いつもなら、学校内で渡してたんだけど」

最後の手紙だけは、場所の記憶がない。

「少なくとも学校の中ではないと思うんだけど・・・」

それに手紙だからと言って郵送したわけでもない。

「じゃあ、外で会ってた時くらいしかないわよね?」
「でも、そうそう外では会わなかったし」

付き合っていると言っても高校生だ・・・たかが知れてる。

「友達に頼んだとか?」
「ううん・・・ちゃんと彼を目の間にして渡したよ」

辛い出来事なので、記憶が消失したのだろうか?
とにかく、どこで手紙を渡したのか覚えてない。

「それなら、同じことする?」

幸か不幸か、元カレがまだ地元にいることは知っていた。

「ねっ!聞いてスッキリしたでしょ?」
「まぁ・・・ね」

スッキリした反面、“知らなかった方が良かった”とも思った。

「渡したんじゃなくて、彼から“渡されてた”なんて・・・ね」

それも校門すぐ出たところで渡されたようだった。
こんなシチュエーションなら覚えてられない・・・笑っちゃうけど。
S690
(No.690完)
読み終えたら、クリックして頂けると、励みになります。
ブログランキングへ
 ブログランキングへ にほんブログ村 小説ブログ 短編小説へ web拍手 by FC2

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

[No.690-1]最後の手紙

No.690-1

登場人物
女性=牽引役  女性=相手
-----------------------------
(・・・自分の時はどうだったっけ?)

あらためて振り返ってみても肝心な部分が思い出せない。

「最後の手紙?」
「うん、昨日テレビでさぁ・・・」

学生時代の元恋人に会いに行く企画をやっていた。

「それなら、私も見たよ」
「女性が元カレに会いに行ってたよね?」

企画としては特に珍しいものではない。
逆にありがちな内容だ。

「それで、手紙の話になったでしょ?」

今は珍しいかもしれないが、昔は手紙のやり取りも多かった。
そう簡単には電話では話せなかったからだ。
かと言って直接話すのも照れくさい。

「そうそう!それって“恋愛あるある”だよね」
「私もそんな感じだったの」

クラスが違うこともあり、休み時間に渡すことが多かった。

「・・・でも、卒業を前に別れることになったんだ」

別れる理由は、正直もう覚えていない。
ただ、最後に手紙を渡したことは覚えている。

「それが、テレビと同じだった?」
「そう」

テレビの女性も元カレに手紙を渡した。
最後の手紙を。

(No.690-2へ続く)

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

ホタル通信 No.284

小説の舞台裏やエピソード、作者の想いを紹介します。

小説名:No.389 一瞬が全てを変える
実話度:★★★☆☆(60%)
語り手:女性

シチュエーション的に見れば、細かなところを除いて、概ね
事実です。

実際、地下鉄の通路にポスターが貼られていました。ただ、
何の宣伝だったのかは、さすがに覚えていません。何とな
く、学校や教育関係の宣伝だったような、そんな気はしてい
ます。

ほぼ事実でありながら、実は肝心な部分は創作です。
一瞬で変わった私とポスターの前で立ち止まっている制服
姿の女の子がそうなんです。言い換えれば、私はその瞬間
に変わってないし、女の子も本当は存在していません。
ただ、心動かされたのは事実であり、その強烈な印象を描
いたものです。
最後に女の子を登場させたのは、単なる演出ですが、文字
としてよりも、映像的な効果を狙いました。つまり、映画など
のラストシーンとして、相応しいのではないかと。

最後になりますが、人が心を動かされる時は、満たされて
いる時より、何か不安を抱えている時だと思っています。
当時の私もそうでした。
T284

web拍手 by FC2

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

[No.689-2]宝箱

No.689-2

「ちょっと・・・」
「さっきの映画より面白い展開になってきたじゃん!」

地面から三分の一ほど、顔を覗かせている状態で発見した。

「最初は単なる木片かな?って思ってた」

でも、よく見ると金具が見えた。
それに、さびてはいたけど、なにやら装飾が施してあった。

「何だかドキドキしてきた」
「それで、好奇心も手伝って掘り起こしてみたの」

だからと言って、宝箱とは思って居なかった。
ただ、中身を知りたい衝動に駆られただけだった。

「・・・で、中身は?」
「聞きたい?」
「そりゃそうでしょ!ここまできて」

ベースが木だけに、あちこち腐って穴が開いていた。
それだけに嫌な予感はあった。

「ヘビが何匹か入ってたわ」

結局、それ以外、何も入ってはいなかった。
思わせぶりな箱も、よく見れば普通の木箱だった。

「今日の合コンでもそうならないようにね」

合コンを目の前に、何やら意味深な友人の一言だった。
S689
(No.689完)
読み終えたら、クリックして頂けると、励みになります。
ブログランキングへ
 ブログランキングへ にほんブログ村 小説ブログ 短編小説へ web拍手 by FC2

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

[No.689-1]宝箱

No.689-1

登場人物
女性=牽引役  女性=相手
-----------------------------
映画の内容よりもある一場面が気になった。

「ほら、いかにも!って箱が出てきたじゃん」

単なる古びた箱じゃない。
宝物が眠ってそうな、そんな雰囲気を持った箱だ。

「まぁ、確かに・・・」
「実際、宝物よりも貴重なモノが入ってたし」

宝箱から金銀財宝が溢れんばかりに顔を覗かせている。
そんなシーンを目にすることも少なくない。

「それでさぁ・・・小さい頃ね」

小さい頃は男子顔負けのやんちゃぶりだった。
いつも近所にあった、森で遊んでいた。

「だから、遊びと言えば探検ごっこなんだよね」
「聞くまでもないけど、隊長だよね?」

さすが友人、私のことをよく分かっている。

「森・・・探検・・・宝箱・・・なんとなくつながりがあるわね」
「その通り!」

遊び慣れた場所とは言え、未知の場所も多い。
そんな時、森の奥で古びた箱を見つけた。

(No.689-2へ続く)

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

[No.688-2]私はそんなに偉くない

No.688-2

「・・・なにかピンと来ない?」
「漢字は関係ないんだよね?」

関係があると言えばあるし、ないと言えばない。

「そうだね・・・漢字がアレなら完璧だけどな」
「じゃあ、店員になったつもりで、呼んで見てくれる?」

店員になってみればすぐに分かることだ。

「えっ・・・と、じゃぁ・・・かみ・・・あぁ!」
「だろ?」

ようやく気付いたようだった。

「なるほど!面白い話ね」
「でも、本人にして見れば、事実なんだろうし」

それに笑わせるつもりは毛頭ないだろう。

「さっきも、そう呼ばれてたよ」

おそらく店員は気付いていなかったのだろう。
それは周りの人もそうなのかもしれない。

「ただ、僕には“予備知識”があったからね」

隣の“かみさま”は、3人連れのようだった。
S688
(No.688完)
読み終えたら、クリックして頂けると、励みになります。
ブログランキングへ
 ブログランキングへ にほんブログ村 小説ブログ 短編小説へ web拍手 by FC2

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

[No.688-1]私はそんなに偉くない

No.688-1

登場人物
男性=牽引役  女性=相手
-----------------------------
「さっき、並んでいる時に・・・」

行列が出来る店に並んでいた時のできごとだ。
僕の隣の人が、その友人と会話し始めた。

「聞き耳立ててたの!?」
「そ、そんなんじゃないよ!」

別にコソコソ話していたわけじゃない。
だから、普通に耳へと入ってきた。

「行列だけに、行列にまつわる話をし始めたんだ」
「どんな?」

行列ではよく順番待ちのために名前を書くことが多い。
山田とか佐藤とか・・・。

「で、隣の人の名前がさぁ・・・」
「変わった名前の持ち主とか?」

普通なら、その展開になるだろう。
聞いたこともないような名前の持ち主が隣に居た・・・と。
ただ、今回は少し違う。

「いいや、そんなに変わった名前じゃない」
「なんて名前の人なの?」
「“かみ”という名前らしい」

残念ながら、会話だけでは漢字までは分からなかった。

(No.688-2へ続く)

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

ホタル通信 No.283

小説の舞台裏やエピソード、作者の想いを紹介します。

小説名:No.225 前にススメ!
実話度:★☆☆☆☆(20%)
語り手:女性

前回のホタル通信でも書きましたが、なんでも恋愛話に
結び付けてしまうパターンの小説です。

とは言え、無理矢理結び付ける場合と最初から狙って
そのような展開にする場合とがあります。
今回は後者で最初から恋愛話に結び付けられるような
話を主軸に持ってきました。従って、話の主軸である資
格取得の話は事実です。

また、恋愛の話も事実ではないにせよ、その恋愛感に
ついては全くの創作ではなく、多少事実に基づいたもの
です。
資格取得を例にあげれば、ひとつのことに納得できない
と先に進めないタイプで、なかなか理解できない事柄が
あると途端に勉強が進まなくなる傾向にあります。
加えて、どうせ受験するなら、「とりあえず合格すれば良
い」ではなく、「100点を取って合格するぞ」の意気込みを
持っています。

これが個人プレーの受験勉強だから良い物の、これが
恋愛という対戦プレーなら面倒極まりない女になります
よね。
ただ、それを口にするというか、小説にしてしまうわけで
すから、どこかでそれを楽しんでいるのかもしれません。

今でもこのスタイルは変わりませんね。良い意味で諦め
ていますので。
T283

web拍手 by FC2

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

[No.687-2]能天気な発言

No.687-2

「それに、大型連休がね・・・」

じきにやってくる大型連休が新人には鬼門だ。
現実逃避するには、絶好の逃げ場所になる。

「何人だっけ?辞めたよね」

去年も連休後に会社を辞める人が何人かいた。

「結果的に半分以上、辞めたかもしれない」

両手ほど居た同期も、今では片手に収まる。

「だから彼女も辞めなきゃいいな・・・って」
「そう考えると、大型連休は微妙ね」

緊張の連続から解放されて一息付くことができる。
反面、実家に戻ったり、地元の友達と会うことで気持ちが揺らぐ。

「私も気持ちが揺らいだな・・・」
「・・・それは私もよ」

とにかく、今は何かとストレスを感じる時期だ。
良くも悪くも・・・。

「彼女、どうなるのかな?」
「まぁ、私たちでも大丈夫だったから何とかなるんじゃない?」

能天気な友人の発言だけど、今だけは心強く感じた。
S687
(No.687完)
読み終えたら、クリックして頂けると、励みになります。
ブログランキングへ
 ブログランキングへ にほんブログ村 小説ブログ 短編小説へ web拍手 by FC2

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

[No.687-1]能天気な発言

No.687-1

登場人物
女性=牽引役  女性=相手
-----------------------------
「今日、スーツ姿の女の子とすれ違ったんだけど」

いわゆるリクルートスーツだ。
まだ、幼さが残る彼女には、不釣合いに見えた。

「そう言えばよく見かけるよね」
「そりゃ、今時期だもん」

入社後、ようやく1ヶ月・・・そんな時期だ。

「ただね、表情が暗かったんだ」

足取りも重く感じた。
たくさんの荷物を抱えていたせいもあるだろう。

「そりゃそうよ、だってまだ・・・」

期待と不安が入り乱れている時期だ。
不安が強ければ暗くもなる。

「そうね、私たちも同じだったわね」

まるで去年の私たち見ているようだった。
期待よりもはるかに不安の方が大きかった。

「だから、人ごとと思えなくて」

今でこそ冷静で居られるが、当時は当時で辛かった。

(No.687-2へ続く)

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

[No.686-2]謝恩会

No.686-2

「・・・ということは、そこに好きな人が居たの?」

当然の展開だろう・・・でも、決して、そうではなかった。

「いいや、当時、他の学校の子とつきあってたから」

確かに女子は居た。
先輩にも後輩にも、そして同級生にも。

「それなら女子を意識して?」
「いや、それもないな」

悪い意味ではなく、彼女たちは眼中になかった。
女子と言うより、部員として見ていたからだ。

「とにかく、姉に頼み込んで」

可能な限りのオシャレをした。

「まぁ、色気づく年齢だったこともあるんじゃない?」
「そうだな・・・そんな気がしてる」

話を戻せば、それ以外、ほとんど記憶に残っていない。
何を話し、何を食べたのだろうか・・・。

「もう一度聞くけど・・・」
「だから、飲んでないよ!」

大切な想い出のはずなのに、悲しいくらい覚えてない。
多分、アレの印象が強すぎたからだろう。

「・・・アレ?」

謝恩会の帰り、高校のグランドで最後の練習をした。
その時、本当の意味で先輩に感謝し、皆で泣いた。
S686
(No.686完)
読み終えたら、クリックして頂けると、励みになります。
ブログランキングへ
 ブログランキングへ にほんブログ村 小説ブログ 短編小説へ web拍手 by FC2

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

[No.686-1]謝恩会

No.686-1

登場人物
男性=牽引役  女性=相手
-----------------------------
「謝恩会?」
「あぁ、高校の時、クラブの先輩を送り出す時に・・・」

自分が高二の時だった。
それに高三の先輩が、いわゆる“引退”する時期でもあった。

「一応、その名目で部員が集まったんだ」

先輩への感謝がなかったわけではない。
けど、どちらかと言うと、今で言う“飲み会”に近かった。

「もちろん、アルコールはなかったけど」

学校近くの喫茶店を貸し切った。

「へぇ~、すごいじゃん」

当時の喫茶店は、学生には敷居が高かった。
お金の問題以前に、大人な場所だったからだ。

「じゃ、そこで色々あった話をしてくれるのね?」
「それがさぁ・・・」

かなり、非日常な出来事だったわりにはほとんど記憶がない。

「お酒、飲んでなかったんだよね?」
「も、もちろんだよ!」

この言葉に嘘はない。
それは自分も含めて全員そうだった。

「舞い上がってたのかな・・・」

目いっぱいオシャレした記憶は大いに残っている。

(No.686-2へ続く)

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年4月 | トップページ | 2016年6月 »